「チーム鶴岡」園芸生産販売推進会議を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡では6月13日に、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で「チーム鶴岡」園芸生産販売推進会議を開き、主力園芸品目であるネットメロン、エダマメ「だだちゃ豆」の主な販売先である各市場関係者や役職員ら27人が参加、2017年度の販売計画や今後3年間の振興方策について協議や情報交換を行った。
会議の中で、品質、食味の高位安定生産に向けた対策を実践し、「めざせ100億、産地の信頼」をスローガンに、園芸品目の生産拡大に向け取り組んでいくことが報告された。
各市場関係者からは、ネットメロンやだだちゃ豆など、鶴岡ブランドの需要は大きい。品質と味に加え安定的な供給産地として確立することを期待する」と話す。

 


市場関係者とネットメロン、エダマメ「だだちゃ豆」の情報交換を行った推進会議

 

topics

この記事に関連する記事一覧