こども食堂へサクランボをプレゼント

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡は6月15日、鶴岡市陽光町にある「らくやこども食堂」(NPO法人ぼらんたす)へ県内産サクランボ「佐藤錦」1.5㌔とJAグループオリジナルランチョンマット20枚をプレゼントした。

贈呈式には子どもと保護者、職員ら18人が参加し、JA営農販売部の今野利政部長が同法人の岩浪武司理事長へサクランボを手渡した。

同法人の栗原穂子事務局長は「今年は数が少ないとされる貴重なサクランボをいただきとてもありがたい。みんなでいただきます」とうれしそうに話した。
同食堂では予約制で人数を制限して毎月2回開き、子どもたちへ食事を提供している。

本取り組みはJAグループ山形の「子どもの居場所づくり」をサポートするプロジェクトの一環として行っている。

㊨岩浪理事長へ今野部長がサクランボを手渡す

 

topics

この記事に関連する記事一覧