大泉だだちゃ豆直売所をオープンします

読了までの目安時間:約 3分

 

「大泉だだちゃ豆直売所」は昭和55年に大泉地区の女性有志18名で立上げ、今年で41年目を迎えました。今年も、グループが古くから守ってきた約束事項「自分で食べておいしい豆をうりましょう」の精神を大切に、グループ員14名が、朝採りを徹底し、新鮮でおいしいだだちゃ豆だけを販売して参ります。
今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年とは異なる営業方式となりますので、以下の「お客様へのお願い」をお読みいただき、お客様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

営業時間

7月22日(水)から8月末頃まで 毎朝8:30から13:00

 

店舗所在

山形県鶴岡市白山字西野191(JA鶴岡大泉支所駐車場内)

 

商品内容

枝付き1kg束、枝無し600g袋入りの2種類を販売します。
オープン当初は、だだちゃ豆として最も早生の品種「小真木(こまぎ)」を販売。8月初旬から「早生甘露(わせかんろ)」を、8月上旬より「甘露(かんろ)」を、8月中旬より「早生白山(わせしらやま)」を、8月18日頃より「白山(しらやま)」と販売品種を切り替えます。
価格は枝付き1㎏束、600g袋入りともに800円(「小真木」のみ700円)です。
※その日の収穫量や売れ行きにより13時より早く品切れとなる場合もありますのでご了承ください。

 

お客様へのお願い

今年は感染症予防として、以下の対策を実施いたします。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
・試食を廃止します
・13時までの短縮営業となります
・従業員とお客様の間に飛沫防止シールドを設置します
・消毒液を設置します
・発送伝票は、車内でご記入くださるようお願いいたします
・最盛期の大行列を回避するため、番号札を設置して、番号順にお客様をご案内させていただく場合があります

 

連絡先

大泉だだちゃ豆直売所 0235-29-7865 9:00~17:00受付

 

ホームページ

グループの詳細についてや、だだちゃ豆のご注文についてはこちらをご覧ください。

http://ooizumi-dadacha.jp/

 

topics

この記事に関連する記事一覧