家畜に感謝 畜産部会獣魂祭

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡畜産部会は11月24日、鶴岡市の金峯神社で獣魂祭を執り行った。生産者や来賓、関係役職員など16人が参列した。神事では、佐藤眞一部会長やJAの佐藤茂一組合長らが玉串をささげ家畜の供養を行った。

佐藤部会長は「コロナ感染状況は落ち着いてきているが気を緩めず活動をしていきたい」とあいさつした。佐藤組合長は「畜産は伝染病の予防対策が重要だと思う。今後も引き続き対策をお願いしたい」と述べた。

獣魂祭は、食用に供された家畜へ感謝の念をささげ毎年この時期に行っている。

あいさつを述べる佐藤部会長(中央)

 

topics

この記事に関連する記事一覧