軟白ねぎの播種講習会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は4月27日、北支所管内の作業場で軟白ねぎの播種講習会を開き、若手生産者等ねぎ生産を始めて間もない方や、改めて生産技術を学ぼうと生産者13人が参加した。

同専門部の伊藤鉄也専門部長と役員の五十嵐隆幸さんが講師となり、チェーンポットを使った軟白ねぎの播種の仕方や育苗時の注意点などを指導。今年から軟白ねぎの栽培に取り組む参加者は、「種まきにかかる労力ひとつとっても、水稲と園芸品目との違いを感じた。これから播種作業を行う前に作業手順を見て学び、またコツなどを聞くことが出来て良かった」と話す。

同専門部は、2016年度は84名の生産者が5.3㌶で栽培。117㌧を出荷した。今後も定植講習会等を開き生産技術の普及と部員同士の情報交換を行っていく。

 

伊藤鉄也専門部長(右)が見守るなか、播種作業を体験する参加者

 

タグ :   

topics

この記事に関連する記事一覧