長ねぎ専門部が鶴岡市農業発展奨励賞を受賞

読了までの目安時間:約 1分

 

地域農業振興に貢献した農業者らを対象とした鶴岡市農業発展奨励賞をJA鶴岡長ねぎ専門部が受賞した。

同専門部での軟白ねぎの生産拡大と品質向上への取り組みや、ブランド力の強化、産地化に尽力したことが評価され受賞に至った。

伊藤鉄也専門部長は「表彰して頂きありがたく思う。軟白ねぎのブランド力を高める為に、より一層精進し、さらなる産地化を目指していきたい。」と述べた。

同専門部は、1996年に10人でスタート、現在軟白ねぎは85人、約5㌶で栽培し、昨年度の販売実績は約5,500万円となっている。
「雪中軟白ねぎ」の出荷は概ね3月下旬まで、首都圏を中心に出荷しており、先日、日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」で大々的に紹介され、反響を呼んでいる。

 


表彰状を持つ伊藤鉄也専門部長

 

タグ :

topics

この記事に関連する記事一覧