西郷砂丘畑振興会通常総会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

西郷砂丘畑振興会は第53回通常総会を3月6日に西郷支所で開き、会員や関係者ら100人が出席しました。

26年度事業はネットメロンの高単価やミニトマトの販売金額が過去最高を記録したなど、好成績が目立った一年となりました。

また役員改選が行われ、新会長に池田幸喜さん(千安京田)、副会長に本間吉典さん(下川上)と、佐藤秀一さん(長崎)が選任されました。

池田新会長は「これまでの体制をしっかりと引き継ぎ、より消費者の期待に応えられる産地に向けて努力邁進していきたい」と決意表明し、会場からは温かい拍手が贈られました。
また研修として、エフエム山形ラジオパーソナリティの松浦彩さんに講演をいただきました。松浦さんは「音楽やラジオ、そして地元が好きで今の仕事をしている。みなさまの農作業を、楽しいラジオでサポートができるように努めていきたい」と語りました。また誕生日が近いとの事で、会よりサプライズでバースデイケーキが手渡され、松浦さんは大喜びでした。
畑振総会①

27年度の意気込みを語る新三役

畑振総会②

松浦彩さんの講演

 

topics

この記事に関連する記事一覧