ネットメロン販売高20年ぶり11億円突破/令和元年度精算報告会

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡と西郷砂丘畑振興会は9月6日、 同市湯野浜温泉「亀や」で2019年度ネットメロン精算報告会を開いた。生産者、関係者など約150人が参加した。

19年度は出荷量59万6000㌜(1㌜5㌔)となり、 販売高は20年ぶりに11億円を突破した。

西郷砂丘畑振興会の佐藤秀一会長は「生産者皆さんの肥培管理の徹底と天候も追い風となり、出荷数量は昨年を大きく上回った。今後は、鶴岡のブランドを維持していくため、 生産者数や栽培面積の減少という課題を生産者が一丸となって解決していく必要がある」と述べた。

JA担当者は生育経過や販売経過を報告。天候に恵まれ、例年より早い出荷開始となり、果実肥大も良好で3Lを中心に出荷した。全体的に品質は良好で秀品率も高く、糖度や食味も良好。事前商談による計画販売や、販売先の新規開拓、既存企画・価格の見直しなどにより販売単価が向上した。

市場関係者からは、事前商談が安定した販売につながるため、JAや生産者との綿密な情報交換を要望された。

次年度は、販売先への正確な産地情報の発信と高品質維持に加え、販売需要に応じた作型調整を図り、さらなる販売額の増大を目指すことを確認した。

また、高品質なメロンを栽培した生産者と集落を対象に共励会表彰が行われ、個人の部は長崎地区の佐藤祐二さん、集落の部は辻興屋が受賞した。

あいさつする佐藤会長
共励会表彰個人の部で表彰された佐藤祐二さん㊨

 

タグ : 

topics

青年部上郷支部 園児とエダマメを収穫

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡青年部上郷支部は5日、鶴岡市みずほにある支部長の五十嵐亮さんの圃場(ほじょう)で上郷保育園の園児40人とエダマメの収穫体験を行った。

五十嵐さんは「立派に成長したエダマメをみんなで楽しみながら収穫してほしい」と話した。

園児らは、自分の背丈ほどの高さに成長したエダマメ「庄内7号」の株を、青年部員や友達と協力しあいながら力いっぱい土から引き抜いていた。

収穫を体験した園児からは「土から引っ張るのにとても力がいる。大変だけど楽しい」との感想が聞かれた。

収穫したエダマメは、さやもぎ後、ゆでておやつとして提供される。

園児と一緒にエダマメを収穫する青年部員
大きいのが採れたよ!
楽しい収穫体験になりました!

 

topics

水稲作柄調査検討会 稲の生育・刈り取り時期を確認

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡や鶴岡市などで組織される鶴岡地域良質米生産推進協議会では9月5日、水稲作柄調査検討会を開き、稲の生育状況や刈り取り時期を確認した。関係者42人が参加。

 管内8カ所の展示圃を巡回。JA営農指導員が各圃場で取り組んでいる多収・低コスト・情報通信技術(ICT)の活用状況などを説明、籾水分値や青籾歩合を調査し刈り取り時期を確認した。7月に各展示圃で行ったドローン(小型無人飛行機)によるリモートセンシングによる葉色や茎数などの調査結果も報告された。

 米穀畜産課では、 7月の強い東風の発生により 稲体の消耗がみられたが、センシング調査の結果や昨年の反省を生かしながら指導やケイ酸資材の普及を行ってきた。出穂後の気温が高く経過している事や圃場などで登熟状況や籾の肥大に差がある事から、圃場ごとの状態を確認し刈り取り指導することを確認。9月中旬から始まる刈り取りで農作業事故がない様呼び掛けた。

展示圃を巡回し、各圃場の取り組みや生育を確認した。

 

topics

アフリカ地域農業発展に向けJAの役割学ぶ

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡は9月3・4日、国際協力機構(JICA)研修生の課題別研修に講師として協力した。

 研修生は、アフリカ地域14カ国から17人が来日し、8月下旬から6週間、山形大学農学部で稲作に関する技術を自国の課題解決に向けて学んでいる。

  今回は、JAの職員が講師としてJAの業務や役割を伝え、JA各施設を見学した。営農指導に関する業務や農産物集荷場、生産資材や農機部門、農産物直売所、金融店舗など各施設を紹介、研修生からは多くの質問がだされ、JAがいろいろな事業を行い、農家を支えている事を学んでいた。

JAの施設で出荷資材について学ぶJICA研修生

 

topics

かがやき講座で防災ブレスレットづくり

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部上郷支部は9月2日、鶴岡市のJA上郷支所で、組合員家庭の女性を対象に第3回かがやき講座「防災ブレスレット作成教室」を開いた。受講生16人が参加した。

『家の光』2018年7月号の記事を参考に、軽くて丈夫なひも「アウトドアコード」を編んで作った。防災ブレスレットは、ほどくと応急手当て用ロープや洗濯ひもなどに活用でき、留め具はホイッスルになっているので、助けを呼ぶ際にも役立つ。参加者は職員の指導を受けながら、ひもを編む作業に手こずりながらもお互いに教え合い完成させた。参加者は「きれいにひもを編むのが難しかったけど、慣れると楽しかった。万が一に備えて携帯し、地域にも広めていきたい」と話した。

「かがやき講座」は、軽体操、おからパウダーを使った料理やおこし作りなど、楽しくてためになる講座を年4回企画している。

真剣にブレスレットを編む参加者
完成したブレスレットを見せあった

 

topics