ネットメロン初出荷式 おいしいメロンを全国へ

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は6月4日、鶴岡市のJA西郷選果場で特産ネットメロンの初出荷式を開いた。同JA西郷砂丘畑振興会役員やJA役職員、関係機関など約40人が出席した。出荷は関東地方の市場を中心に全国各地へ約55万㌜(5㌔入り)を見込み、販売高は昨年の10億7千万円を超える11億円を目指す。

ハウス栽培のメロン「アンデス」約440㌜が運び込まれた。糖度は基準を超える16度。安全祈願祭の後、JA代表者らがテープカットをしてトラックが市場に向けて出発した。

佐藤茂一組合長は「生産者の高い栽培技術力と努力により味・品質ともに最高のメロンが出来上がった。関係機関の皆様にはご指導・ご支援をお願いしたい」とあいさつした。JAネットメロン専門部の佐藤重勝専門部長は「今年も甘くてみずみずしくおいしいメロンができた。コロナ感染はいまだ収束しないが、消費者には家族みんなで食べてもらいたい」と話した。

同JA西郷地区では庄内砂丘を利用したメロンの栽培が盛んだ。品種は「アンデス」のほかJAオリジナルの「鶴姫メロン」、「鶴姫レッドメロン」があり同専門部の178人が約120㌶で栽培している。春先に低温が続いたが、その後は日照が多く順調に生育し果実肥大や糖度は良好だ。6月下旬より本格的な出荷を迎え、7月をピークに8月の上旬まで全国へ出荷される。毎年営業している同選果場脇にあるメロン直売所は、6月19日からオープン予定。

初出荷式は昨年同様、新型コロナ感染拡大防止のため参加人数を縮小して開いた。

トラックを関係者らが拍手で見送る

甘くてみずみずしくおいしいメロン

 

topics

園児とサツマイモ苗を定植 青年部北支部

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡青年部北支部は6月3日、鶴岡市播磨で栄保育園の園児27人にサツマイモ苗の定植を指導した。

青年部員らは、事前に畑づくりを行うなど園児が作業しやすいように準備をした。

青年部の本間諭さんがサツマイモ「べにはるか」の苗の植え方について手本を示しながら説明した。

園児は土を掘って苗を植え、土をかぶせた後、「おいしいサツマイモができますように」と声を掛けながら水を掛けた。
サツマイモは秋に園児たちが収穫する予定で、焼き芋やスイートポテトなどに調理し、保育園の食事で提供される。

園児に苗の植え方を教える青年部員

上手に植えることができました

おいしいサツマイモができますように!

 

 

topics

大豆の種まき指導 青年部南支部

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡青年部南支部は6月2日、鶴岡市我老林で市立斎小学校の3年生13人に播種(はしゅ)機を使った大豆の種まきを教えた。

児童は、消毒と鳥からの食害を防ぐためピンクの薬が塗られた大豆 「エンレイ」の種が入った播種機を力いっぱい押し、種をまいた後、丁寧に土を掛けた。

児童は「機械をまっすぐ押すのが難しかった。力いっぱい押して疲れたけど楽しかった」と笑顔を見せた。

支部長の斎藤嘉一さんは「楽しみながら農業体験をしてもらえた。農作物ができるまでの過程を学ぶきっかけになればうれしい」と話した。

今後、児童と青年部と農事組合法人IWCが協力して畑を管理。10月ごろ収穫し、納豆と豆腐にして食べる予定。

同日、管内特産のエダマメ「だだちゃ豆」の種もまき、8月下旬に収穫し、ゆでて味わう予定。

播種機の使い方を指導する青年部員

力いっぱい播種機を押す児童

 

topics

金融推進表彰と必達ダルマ瞳入れ式

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は6月1日、鶴岡市のJA金融本店で金融推進表彰と必達ダルマ瞳入れ式を開き、JA役職員約30人が参加した。

2020年度はコロナ禍により推進活動自粛でのスタートとなったが信用・共済事業ともに目標を達成し、共済目標達成ダルマに瞳を入れた。続いて信用・共済事業の成績発表と表彰を行った。

佐藤組合長は「年々、正組合員が減少する厳しい中で目標達成できたことに感謝する」と挨拶した。

21年度の共済目標必達と交通安全を祈願し、佐藤組合長をはじめ支所長、共済職員それぞれがダルマに瞳を入れた。長澤浩行金融部長は「早期に目標達成できるよう全職員一丸となって頑張ろう」と呼び掛けた。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、規模を縮小し、例年開催している金融推進大会に代えて行った。

共済目標達成ダルマに瞳を入れる佐藤組合長

共済目標達成ダルマに瞳を入れる長澤金融部長

表彰を受ける各支所の金融管理者

 

topics

加工キャベツ 計画的な出荷に向け昨年の課題を整理

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡加工キャベツ研究会は6月1日、鶴岡市のJA農業振興センターで加工キャベツの栽培講習会を開いた。新規生産者を含めた生産者や関係者21人が参加した。
齋藤健二会長は「作付けと講習会を始めて8年目となり、生産者数や栽培技術も伸びてきた。改めて栽培方法を確認し意見を出し合いながら、よりよい管理をしていこう」とあいさつした。

2020年度の加工キャベツは、大雨による活着・初期成育不良の影響などで、生産者26人が19年度比39%減の160㌧を出荷した。

園芸指導係は、栽培ポイントとして肥大確保と輸送効率向上のため作型の遵守や、しおれや枯れ対策として保水剤の活用と起耕後すぐに定植すること、定植初期の病害虫対策、排水対策や除草作業を適期に行うことなどを呼び掛けた。

販売担当者は「企画販売のため計画出荷が重要なので、生育状況を共有してほしい。品質のよいものを高単価で販売し、生産者の所得増大につなげたい」と話した。

JAでは、播種(はしゅ)機のレンタルや、階級の選別もない容量300㌔の大型鉄コンテナによる出荷などで作業を省力化し、生産者が取り組みやすい環境を整備している。

加工キャベツの栽培マニュアルを確認する参加者

 

topics