地産地消フェスタ『味楽来レストラン・絆』が一日限定オープン!

読了までの目安時間:約 2分

 

市民に地元産食材にこだわった郷土料理を楽しんでもらおうと、JA鶴岡生活課が主催する地産地消フェスタ「味楽来レストラン・絆」が2月20日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。
同イベントは、地元産食材のPRと、生産者と消費者の交流促進を目的に毎年開催しており今年で7回目。市民や東日本大震災による鶴岡市への避難者など計150人が参加した。
今回は、JA鶴岡女性部とグランドエル・サンのシェフが協力して多彩な13品の料理がテーブルに並んだ。「お雛さまにピッタリな料理」をテーマに『桜美豚と軟白ねぎを使ったブルーテ風シャリアピンステーキ』『白かぶの塩麹和え』『つやひ麺』『絵巻花寿司』などのほか、促成栽培の「たらの芽」と「青こごめ」を会場内で揚げたての天ぷらとして提供。
参加者達からは「新鮮な地元産食材がふんだんに使われていて、とても美味しいです」と笑顔がこぼれるなど好評だった。
会食時には生産者による食育講座が行われ、軟白ねぎの伊藤鉄也さん、青こごめの五十嵐大介さん、たらの芽の斎藤雅史さんが、栽培から出荷までのプロセス等を説明。また会場では、産直館の農産物や女性部の米粉加工品などの販売が注目を集めるなど、消費者は生産者との交流の中で地産地消への理解を深めていた。

 

 

参加者は多彩な13品の地産地消料理を堪能した

 

 

topics

この記事に関連する記事一覧