旬のメロンを100人に振舞い「JAビルオープン記念イベント」

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡は8月4日、山形市の「山形県JAビル」のオープン記念イベントに合わせて、道行く市民らに農産物の振舞いや直売を行った。
 同ビル駐車場にあるイベント広場「ぱーくぱーく」に、JA鶴岡の販売テントを特設。今回の特別企画として、旬を迎えているJAの特産品「ネットメロン」が先着で100人にプレゼントされ、多くの市民の注目を集めていた。
 さらに、7月下旬より出荷開始となった「だだちゃ豆」や、だだちゃ豆を使用したスナック菓子・フリーズドライ・カリー・プリンなどの加工品、メロンなども販売され、鶴岡産の農産物をPR。商品はほぼ完売する予想以上の売れ行き。
 試食用のメロンを食べていた女性市民に感想を聞くと、「とても甘くて美味しいです。夏には最高ですね」と舌鼓を打っていた。
 同時出店したJA山形おきたまも、デラウェアやキャベツなどの特産品をPR。同イベントは、8月1日~4日まで県内の各JAが日替わりで出店し、各地域の特産物で地域を盛り上げた。

 

topics

この記事に関連する記事一覧