平成25年度ネットメロン精算報告会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

ネットメロン専門部は9月13日、平成25年度ネットメロンの精算報告会をホテル海麓園で開いた。
会には生産者をはじめ、市場関係者、関係機関、JA役職員などあわせて160人が参加した。今年産メロンの生育状況や販売経過と今後の課題等についての総括と、精算の内容について報告が行われた。
また、シーズンを通して特に高品質なメロンを栽培した集落に贈られる共励会表彰が行われ、下川中集落が受賞した。
今年産の生育経過は、好天や低温などを繰り返しながらも生育は順調に経過し、例年より早い出荷開始を迎えた。
7月から続いた長雨・大雨の影響で品質面に影響がでたため登録数量は下方修正となったが、シーズン初めより大玉で経過し、全体の出荷数量については登録数量を上回る56万4千ケースが出荷された。
また、市場関係者からは「7・8月のメロンについては、消費地ではまだまだ需要があるので次年度も継続的に生産を行ってほしい」と、来年産への要望があげられた。

 

生産者など160人が今年産メロンの総括を行った

 

今年度の共励会集落表彰は、下川中集落が受賞した

 

topics

この記事に関連する記事一覧