鶴岡市長に花束贈る/地元産の花をPR

読了までの目安時間:約 1分

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需要が落ち込んでいる花きの消費拡大を目的に、JA鶴岡とJA庄内たがわは3月12日、鶴岡市役所を訪問し、皆川治市長に地元産の花をPRした。

当JAの花農家の佐藤民子さんとJA庄内たがわの職員が、佐藤さんがアレンジした旬のアルストロメリア、カーネーション、ユリなどで作った花束を皆川市長に手渡した。

色とりどりの花を笑顔で受け取った皆川市長は「市でも地元で栽培された花の魅力を積極的に発信していきたい」と話した。

佐藤さんは「花を見て気持ちも明るくなると思うので、ぜひたくさんの人に飾ってもらいたい」と呼び掛けた。

11日からは市役所本庁舎と各地域庁舎で両JA併せて100束限定で花きの注文販売の取りまとめを行った。

生産者㊧とJA職員から花束を受け取る皆川市長

 

topics

この記事に関連する記事一覧