管内小学校新入生に花束贈呈

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡花き振興部会は、4月9日と13日、管内の全小学校の入学式で新入生646人に鶴岡産の花束をプレゼントした。式当日、部会員が小学校15校に届けた。

鶴岡市立西郷小学校では9日、新1年生11人に赤や黄色、ピンクなど色とりどりの花束を担任の教諭が手渡した。受け取った阿部月柊さんは「きれいなお花を頂き、うれしい」と話し、笑顔を見せた。

花束には「ご入学おめでとうございます。花のような彩(いろどり)のある明るい未来へ!!アルストロメリアの花言葉“未来への憧れ”」と記したメッセージが添えられた。

花束贈呈は昨年に続き2回目の取り組みで、新型コロナウイルス感染拡大の影響で通常の学校行事が行えない中、地元産の花を贈って入学式を明るく盛り上げようと企画した。

同部会の佐藤清張部会長は「地元産の花を見て、明るい気持ちになり、家族みんなが笑顔になれたらうれしい」と話した。

この日のために、同部会役員は5~7日、アルストロメリアやシレネ、セネシオの花約3500本を使って花束に仕上げた。

プレゼントされた花束に笑顔の新1年生

 

topics

地元産の花 市役所でPR/花き振興部会

読了までの目安時間:約 1分

 

地元産花きをPRしようと、JA鶴岡花き振興部会は4月12日、鶴岡市役所本庁舎1階ロビーに市内産の花とアレンジメントの展示PRコーナーを開設した。昨年10月と11月に続き3回目の展示。

アルストロメリア、バラ、フリージア、シレネなどの花が庁舎を彩り、来庁者を楽しませている。16日まで。

展示コーナーには同部会の紹介パネルや、鶴岡の花を特集したJAの市民向け広報誌『ぱさらん』も設置した。

佐藤清張部会長は「地元産のさまざまな春の花を楽しんでほしい」と話した。

開設した鶴岡産の花が並ぶコーナー

鶴岡産の花を使ったアレンジメントが来庁者を楽しませている

同部会と鶴岡の花を特集したJAの市民向け広報誌『ぱさらん』を紹介するパネルを設置

 

 

topics

水稲芽出し作業ピーク

読了までの目安時間:約 2分

 

山形県鶴岡市のJA鶴岡湯田川催芽場で、温泉の余り湯を活用した水稲の芽出し作業が最盛期を迎えている。4月9日、作業員らは手際よく種もみを湯に浸していた。

温泉湯を使った芽出し作業は江戸時代後期に同地区の大井多右衛門が始めたとされる。

湯田川温泉から催芽場脇の水路に流される余り湯の温度は約30~32度と種もみの発芽には最適。農家が持ち込んだ種もみ約8㌔を詰めた袋を湯に半日浸した後、場内水槽に敷いた枕木の上に袋を並べ、むしろで覆い半日蒸して発芽を促進させる。

専用の機器を使った芽出しに比べて低コストの上、発芽揃いが均一になるメリットがあり、農家からは好評だ。

今年は庄内一円のほか新潟県村上市から「はえぬき」や「雪若丸」「つや姫」など約241㌧の事前申込を受け付けた。ピーク時は一日約25㌧の漬け込みを行う。最盛期は17日頃までで、作業は4月下旬まで続けられる。

催芽場で温泉の湯に種もみを浸す作業員

 

topics

市内小学校へ食農教育補助教材を贈呈

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡とJA庄内たがわは4月7日、鶴岡市内の小学校26校へJAバンク発行の食農教育補助教材「農業とわたしたちのくらし」を贈呈した。

JA鶴岡の伊藤淳専務とJA庄内たがわの齋藤学常務が市教育委員会を訪れ、布川敦教育長に教材一式を手渡した。教材は主に5年生を対象として食・環境と農業への理解を深めるきっかけとなることを目的としている。JA鶴岡は管内15校へ教材980冊とDVDを贈った。

布川教育長は「教材の中で庄内を取り上げてもらっている。教材を見て庄内に来た県外の子どもたちと農業を通じて盛んに交流が行われている。これからは個々の強みを発揮できるような教育が必要になると考えている。庄内は農業が基盤産業なので、農業をしっかりやっていくことの教育も重要だ」と話した。

本取組みは、JAバンク食農教育応援事業の一環として2008年度から行われ、JAが全国の小学校へ寄贈している。

伊藤専務㊧布川教育長㊥齋藤常務㊨

 

topics

鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS」へ第2期生が入学

読了までの目安時間:約 2分

 

鶴岡市で6日、農業経営者の育成・確保を目的とした鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS」(シーズ)の第2期生の入校式が行われた。関係者約40人が出席した。

県内外出身の20~40歳の9人が共同生活などを行いながら、稲作や野菜作りの実践など2年間のカリキュラムがスタートした。

皆川治市長は「地方創生実現のためには農業をさらに持続可能で若い世代にとってもっと魅力的なものに変えていく必要がある。次世代の農業を支える皆さんの定着・就農を期待する」とあいさつ。

1期生6人を代表し、佐藤直樹さんが「SEADSのブランドを作り上げていくのは自分たち。共に切磋琢磨しあいながら、チャンスにつなげていこう」と激励。

2期生を代表して南沢駿佑さんがこれからはじまる新生活への決意を表明した。

同校SEADSは同市はじめJA鶴岡やJA庄内たがわ、教育機関、民間企業の8者協定により開校した施設で、研修開始から就農に向けた準備、営農開始後の経営安定化までをワンストップで支援する。

今年度は、新たに学校長の配置や農業技術の指導、就農準備を支援するアドバイザーを増員するなど、研修生の研修環境・相談体制を強化。

JA鶴岡では、管内のメロン、ミニトマト、エダマメ「だだちゃ豆」農家への研修生の受け入れが決まっている。

JA鶴岡はこれまで産地視察に協力したほか、佐藤茂一組合長が特別講師として、研修生へ同JAの地域農業振興と組合長自身の農業経営について講義した。

あいさつする皆川市長

誓いの言葉を述べる南澤さん(左)

 

topics

花き振興部会役員が小学校入学式で贈る花束づくり

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡花き振興部会は、管内の全小学校の入学式で新入生に花束を贈ることを企画。部会役員を中心に、4月5~7日、JA北部集荷場で赤や黄色など、色とりどりのアルストロメリアやシレネ、セネシオの花約3500本を使って花束に仕上げた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で通常の学校行事が行えない中、地元産の花を贈って入学式を明るく盛り上げたいと企画した。

佐藤清張部会長は「心を込めて花束を作った。コロナに負けないで学校生活を楽しく過ごしてほしい」と話した。

入学式は9日。花束は部会員が管内の小学校15校に届け、新入生646人に贈られる。

新入生に贈る花束を作る花き部会役員

 

topics

水稲の芽出し 作業安全願う

読了までの目安時間:約 1分

 

温泉を利用する伝統の水稲の芽出し作業の始まりを前に、JA鶴岡米穀畜産課は1日、鶴岡市の湯田川催芽場と同地区にある由豆佐賣(ゆずさめ)神社で安全祈願祭を開いた。作業員やJA役職員ら14人が今年の作業の安全を祈願した。

米穀畜産課の五十嵐浩紀課長は「今年の事前申込数量は昨年より約1㌧増え、241㌧となった。農家・組合員の期待と信頼に応えられるよう事業を進めたい」と話した。

湯田川温泉の余り湯を利用した水稲の芽出し作業は、江戸時代後期に始まった。

農家が持ち込んだ種もみを入れた袋を温泉の余り湯が流れ込む水槽に半日浸し、枕木の上で半日蒸すことで発芽を促す。発芽が均一になることから、管内の農家だけでなく、庄内地方一円から利用申し込みがある。作業は4月いっぱい予定され、7~17日ごろにピークを迎える。

芽出し作業の安全を祈願する関係者

 

topics

希望に胸膨らませ7人が仲間入り

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡は4月1日、鶴岡市のJA本所で2021年度新規採用職員と登用職員の入組式を開いた。男性4人、女性3人の合計7人がJA職員としての一歩を踏み出した。
佐藤茂一組合長がそれぞれに辞令を手渡した後「皆さんの未来にはたくさんの望みと可能性がある。所属先での業務にあたり何事にも積極的に挑んでほしい」と激励。

新規採用職員を代表して白幡麗華さんが「鶴岡市農協の未来のために自分が何ができるかを常に考えて行動し、発展の一助となれるよう精進していきたい」と決意を述べた。

誓いの言葉を述べる白幡さん(中央)

 

topics

畜産部会総会 役員改選案などを承認

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡畜産部会は3月30日、鶴岡市のJA農業振興センターで総会を開いた。関係者15人が出席し、2021年度の事業計画などを決めた。21年度は、生産と流通の計画化と共同化を促進し、防疫体制を強化する。飼養管理技術、出荷成績の向上を目指し、部会員一丸となって事業に取り組むことや、20年度の活動報告などを原案通り承認した。役員改選では、部会長に佐藤眞一さん(米出)、副部会長に大戸晋さん(清水新田)を選んだ。

伊藤長市部会長は「全国各地で鳥インフルエンザや豚熱などの感染症が猛威をふるい、新型コロナの影響もあり大変な年だった。21年度も感染症に負けずに高品質な生産を目指して頑張ろう」と呼び掛けた。

総会に先立ち表彰があった。20年度子牛共進会で優良牛を受賞し、販売額が上位の生産者を表彰する優良子牛生産者表彰最優秀賞には、19年に続き鶴岡市森片の伊藤長市さんが輝いた。

肉用牛の繁殖成績を審査した繁殖牛飼養管理共励会最優秀賞は、19年に続き同市米出の佐藤眞一さんが受賞した。

表彰された伊藤さん㊧と佐藤さん

 

topics

ボールを使った運動で健康づくり 愛、愛サービス健康サロン

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛、愛サービス」は3月26日、鶴岡市のJA大泉支所で健康サロンを開いた。会員ら11人が参加した。

鶴岡市のたかだてスポーツクラブ事務局長でスポーツ教室指導員の荻原恵美さんを講師に迎え、音楽に合わせて楽しく体を動かした後、ボールを使った筋トレや、全身をほぐすストレッチを行った。

荻原さんは「有酸素運動と筋トレ、ストレッチの3つの運動を組み合わせて行うと効果的なトレーニングになる。ぜひ自宅でも取り組んでほしい」と話した。

同会の佐藤喜美副会長は「心も体もリフレッシュできて、楽しい時間を過ごせた」と話した。

健康サロンは、住み慣れた地域でいつまでも健康で自立した日常生活を送ってもらうことを目的に企画し、令和3年度も10月から3月まで毎月開催する予定だ。

ボールを使って筋トレをする会員

 

topics