鶴岡一中の生徒246人が農業体験授業

読了までの目安時間:約 2分

 

鶴岡市立第一中学校の農業体験授業が8月29日、JA鶴岡管内の農家宅を受入先に行われ、1年生246人が農作業を体験した。
この特別授業は、生徒が働くという意義を学ぶとともに、地域の基幹産業である農業や食に対する興味・関心を高めようと、同校が平成20年度より実施しており今年で5回目。
各地区の農家とJA鶴岡が連携して協力しており、今年度は大泉・上郷・京田地区より60戸の農家が生徒を受け入れた。
生徒達は3~6人ずつのグループに分かれ各農家宅を訪問。午前9時から正午までの半日、最盛期を迎えているだだちゃ豆の選別や袋詰め、トマトやナスなど野菜の収穫、花の管理などの農作業を通して農業に触れ、地元農家との交流も深めていた。
だだちゃ豆の農作業を体験した長谷川結奈さんは「だだちゃ豆1莢1莢に目を配る選別作業はとても大変で、大きな責任を感じました。農家の方に優しく作業を教えて頂き、農業への思いが強くなりました」とコメント。
また、今井健太郎さんは「だだちゃ豆の選別や脱粒作業はとても大変でしたが楽しく作業ができました。だだちゃ豆の種を蒔いてから出荷するまで、毎日忙しく働く農家の皆さんの姿に感動しました」と話すなど、それぞれの生徒が農業体験授業を通じて、農業や食などに対する思いを新たにしていた。

 

 

地元の農家宅で、だだちゃ豆の選別・袋詰めなど農作業に挑戦

 

topics

赤い宝石『ミニトマト』の目揃会で、商品基準を統一化

読了までの目安時間:約 2分

 

赤い宝石とも呼ばれ秋の主力品目であるミニトマトの本格出荷を前に、JAミニトマト専門部は8月23日・24日の両日、目揃会を開催した。
西郷選果場会場には、生産者やJA職員など約50人が集まり、JA営農指導員がサンプルとして出荷されたミニトマトをもとに出荷規格要領を説明し、商品基準の統一化を図った。さらに、夏期の高温などの影響によりカビ果の発生が懸念されることから、予防防除や出荷選別の徹底が呼びかけられた。
阿毛正行専門部長は「今年も甘くて美味しいミニトマトができました。早く消費者の皆様に食べて頂きたいです」と話してくれた。
今年産のミニトマトは、管内では134人の生産者が生産に取組み、作付面積は15ヘクタール。関東や関西地区の各市場を中心に、12月中旬まで出荷が続く予定。約600トンの出荷量を目標としており、総販売額では約3億2千万円を目指す。

 

今年産ミニトマトの品質に自信を見せる阿毛正行専門部長

 

ミニトマト生産者が商品基準の統一化を図った

 

topics

広報誌「けさらん」8月号を発行しました

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡広報誌「けさらん」8月号(NO.500)を発行致しました。
今月号では、「8月8日は『だだちゃ豆の日』」「おかげさまで通巻500号!!」などの特集記事を掲載しております。ぜひご覧下さい!

 

topics

『希望の光プロジェクト』被災地の子ども達に笑顔を!

読了までの目安時間:約 2分

 

東日本大震災で被災した子ども達を対象とした支援事業「希望の光プロジェクト」が8月10日に開催された。
この取り組みは鶴岡青年会議所の主催で、被災した子ども達への心の支援を目的に、花火大会の観覧や、鶴岡地域の歴史文化や食に触れることで、子ども達に笑顔を取り戻してもらおうと企画されたイベント。
今年は福島第1原発事故の影響が続く、福島県の小学生約400人を無料招待するバスツアーが実施された。
JA鶴岡も同プロジェクトに協力して、参加者達を農業振興センターに迎え、JA職員が鶴岡地域の農業に関する特別授業を行ったほか、北部集荷場では青果物の集荷風景を見学。さらに、特産のネットメロンやだだちゃ豆が振る舞われると、美味しそうに頬張る児童達の表情は笑顔で溢れた。
さらに参加者達は、第22回赤川花火大会を観覧し、鶴岡市に避難している友達や親戚と再会するなど、楽しい一時を過ごしていた。

 

特産のネットメロンが振る舞われ、児童達に笑顔が溢れた

 

JA営農指導員がだだちゃ豆などの農産物について特別授業を行った

 

topics

8月8日は『だだちゃ豆の日』!

読了までの目安時間:約 2分

 

8月8日の『だだちゃ豆の日』に合わせて、鶴岡市内の各所でだだちゃ豆の大々的なPRキャンペーンが行われた。
JA鶴岡では市役所との協力のもと、庄内空港において到着客に150食のだだちゃ豆を振る舞い、さらにJR鶴岡駅でも「きらきらうえつ」「いなほ」の降車客に150食を振る舞う大きなイベントを実施した。
また、次世代を担う子ども達へのPR活動として、市内のかたばみ保育園を訪問して、だだちゃ豆5キロを贈呈。そこに人気キャラ「豆しば」が登場すると園児達は大興奮。一緒に記念撮影をしたり、だだちゃ豆の勉強をするなど楽しい時間を過ごした。
この取り組みは、鶴岡市全体で多様なPR活動を展開しながら、だだちゃ豆の販路を拡大して消費拡大や生産振興を図ろうと「鶴岡地域だだちゃ豆生産者組織連絡協議会」の主催で、昨年より企画されている。
この日はほかにも、東京・銀座の山形プラザでだだちゃ豆PRイベントの開催や、鶴岡市内の多数の小売店・飲食店・スーパー・産直などが協力して消費者にだだちゃ豆をPRするなど、『だだちゃ豆の日』を大いに盛り上げた。

 

鶴岡駅で、だだちゃ豆が振る舞われた

かたばみ保育園にだだちゃ豆を贈呈

 

 

topics

「あぐりスクール」で夏の思い出づくり

読了までの目安時間:約 2分

 

子ども達に楽しい夏の思い出づくりをしてもらおうと、JA生活課が主催するイベント『JAあぐりスクール』が8月2日に行われた。
この取り組みは、農作業や調理などの体験を通じて、食料や農業の大切さを小学生に楽しく学んでもらおうと毎年開催されており、26回目の今年は36人の児童が参加した。
児童達は最初に、西郷地区の圃場で特産品であるネットメロンの収穫を体験。生産者やJA営農指導員からアドバイスを受けながら、それぞれがお気に入りのメロンを探し、収穫作業に汗を流した。
また、西郷選果場では収穫されたメロンがどのように市場に出荷されるかを学習したほか、青年部メンバーの協力により稲作に関する「お米の話」と題した特別授業も行われた。
さらに、ペットボトルを利用した実験や、色彩豊かな夏野菜を使っての『地産地消カラフルカレー』作りにも挑戦するなど、児童達は充実した夏の一日を過ごした。

 

西郷地区の圃場で、児童達はネットメロンの収穫作業を体験

 

 

topics

「だだちゃ豆初出荷式」全国のだだちゃ豆ファンへ向け出荷開始

読了までの目安時間:約 2分

 

日本一の枝豆と呼び声が高い『だだちゃ豆』の初出荷式が、7月31日に北部集荷場で開催され、生産者をはじめ、市場関係者、JA役職員など約40人が参加。
この日に出荷されたのは、早生品種である「早生甘露」約7.5トン。 式では、だだちゃ豆を積んだ大型トラックの前で、生産者やJAなどの各代表者がテープカットを行い、ドライバーにはJA女性職員から花束が贈られた。最後に、京浜市場に向けて出発する大型トラックを、参加者全員が大きな拍手で送り出した。
今年産のだだちゃ豆は、281人の生産者が栽培に取り組み、作付面積は261ヘクタール。
生育については、生産者による栽培管理の徹底や、天候にも恵まれたことから、食味も良く高品質となっており、豊作傾向だ。
関東・関西地区の市場を中心に全国各地に出荷され、総出荷量は850トン、販売金額は10億円を目標としている。
だだちゃ豆専門部とJAでは、今シーズンを「だだちゃ豆復活・再生の年」として位置づけ、全国各地でのPRを強化していく。

初出荷式でのテープカットセレモニー

 

だだちゃ豆を積んだ大型トラックが出発

 

 

topics