「食と農」を学ぶJAの社会貢献活動!ネットメロンをテーマに食育学習を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

鶴岡市内の各小学校では、基幹産業である農業をテーマにした食育を実施しており、JAが社会貢献活動として協力しています。

6月18日、朝暘第一小学校の三年生児童約120人が、西郷地区のメロン畑や西郷選果場を見学し、メロンの生産から出荷されるまでの一連の流れを学習しました。
メロン畑では庄内砂丘の特徴や鶴岡産メロンの概要についての説明を受け、現在の生育状況を実物で確認しました。指導員が「アンデスメロンの“アンデス”はどんな意味かわかりますか?」と質問すると、児童たちは、一斉に手を上げ、「”あんしんです”」と大きな声で答えるなど、楽しく受け答えをする場面が数多く見られました。

西郷選果場では、集荷方法について学習しました。終了後、児童らには今年初出荷された食べごろのメロンが提供されると、みんな大喜び。試食中に作業員が糖度計を見せると、児童らは珍しそうに次々と覗き込んでいました。

 

メロンが出来るまでの一連の流れを、現場を通し学習した

 

興味津々に糖度計をのぞき見あう児童たち

 

topics

出荷に向け生産者と市場・JAが結束!ネットメロン生産者大会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

 ネットメロン専門部は6月18日、JA鶴岡ネットメロン生産者大会を開催した。会場の西郷地区農林活性化センターには、ネットメロン生産者をはじめ市場関係者、JA関係者など約200人が出席した。

 大会に先立ち、昨年まで西郷砂丘畑振興会を2年間に渡り支えてきた、阿部健一前会長に感謝状と記念品が贈呈されると、会場からは盛大な拍手で祝福された。

 大会ではネットメロン出荷取扱要領や専門部取り決め事項などを確認、また今年度の販売対応については、
 【1】的確な産地情報の発信による計画販売
  の実施
 【2】店頭での販売促進キャンペーンの展開
 【3】宣伝イベントの実施
 以上3項目の取り組み内容について協議・承認された。

 市場関係者からは消費地の情勢報告がされるとともに、「これまで培ってきた信頼がJA鶴岡産のメロンにはあります。今年も引き続き産地と市場で情報共有を行い、一緒に有利販売に向けて頑張っていきましょう」と生産者へエールが贈られた。

 

topics

今年も品質はバッチリ良好!JA鶴岡ネットメロンの出荷がスタート!

読了までの目安時間:約 2分

 

日本一長い砂丘、庄内砂丘で栽培される、JA鶴岡主力品目「ネットメロン」の25年産の出荷がスタートした。
初出荷日のメロン糖度は基準値を超える平均16度の甘さを記録、甘さは非常に良好だ。

ネットメロン専門部は、ネットメロンの初出荷式を6月7日早朝、出荷場となる西郷選果場で開いた。メロン生産者や各関係機関より50人あまりが出席、今年の豊作や農作業の安全を祈願する神事が行われ、その後初出荷に首都圏へ旅立つトラックを見送った。

今年産は、定植期の低温により生育が遅れたものの、生産者による栽培管理の徹底と、5月中旬以降の天候の回復により生育は平年並みまで回復し、品質は上々。初日の出荷量はアンデスメロンのみで540ケースとなり、今後は鶴姫レッド、鶴姫メロンも含めて8月下旬まで収穫・出荷される。出荷最盛期は7月上旬~下旬で、首都圏を中心に53万7千ケースの出荷を見込んでいる。総販売額は10億円を目標としている。

 

ネットメロン生産者より今年のネットメロンへの祈願が行われた

 

各関係機関代表者のテープカットで今年初のネットメロンが出荷された

 

topics

【公告】第41回通常総代会の開催について

読了までの目安時間:約 2分

 

鶴岡市農業協同組合第41回通常総代会を下記により開催いたしますので、本組合定款の定めにより公告いたします。

                    記

1.開催日時  平成25年6月21日(金) 午後2時 (受付:午後1時)
2.開催場所  東京第一ホテル鶴岡 鳳凰の間
3.付議事項
第1号議案   平成24年度事業報告及び剰余金処分案の承認について
          (報告事項:平成24年度貸借対照表、損益計算書、及び注記表
          の内容並びに全国監査機構の監査報告及び監事の監査報告)
第2号議案   平成25年度事業計画の設定について
第3号議案   賦課金の徴収について
第4号議案   (株) 山形県JAビジネス株式の取得について
第5号議案   平成25年度における理事および監事の報酬について
第6号議案   役員の補欠選任について
第7号議案   役員退職慰労金の支給について

平成25年 6月 5日

鶴岡市農業協同組合
代表理事組合長 今野 毅

 

topics