平成25年度総代研修会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

平成25年度総代研修会が1月15日に東京第一ホテル鶴岡にて開催され、各地区の総代をはじめ役職員など約300人が出席した。
今野組合長は挨拶で、「午年が組合員の皆様にとって、飛躍し光あふれる一年になるように今後とも役員一同努力邁進していく」と語った。
研修会では「新たなコメ政策と農業経営革新の可能性」をテーマに、「月刊農業者」編集長の昆吉則氏による講演を開催。戦後から現在までのコメ消費動向や、都道府県別で見た経営規模別階層分化の比較
、さらに行政サイドからみた農業問題など、今をとりまく農業の現状についての発表を行った。
それらを踏まえ、TPPを見据えた有力な作物として飼料用トウモロコシをあげ、岩手県や秋田県で作付されている実例を元に、栽培方法やメリットなどを紹介した。
これからの農業に対する、大手雑誌編集長である昆氏ならではの持論が展開され、会場には多くの反響があがった。

 

講演を行った昆吉則氏

 

300人近くの総代が参加

 

topics

大泉倉庫で蔵開き

読了までの目安時間:約 1分

 

今年一年の米づくりの農作業安全と、豊かな実りに願いをかけて、JA鶴岡では1月10日、市内白山にある大泉倉庫で蔵開きを行なった。
この蔵開きは、管内にある4つの倉庫を代表して、毎年持ち回りでこの時期に開かれている行事。
倉庫の鉄扉前には神棚が設けられ、五穀豊穣や作業安全を祈願した。
今野組合長は、「今年は更なる躍進がJA鶴岡に求められている。蔵開きを機にこれまで以上に取り組んでいきたい」と出席者とともに思いを新たにしていた。

 

役員、関係者一同が今年の五穀豊穣と農作業安全を祈願した

 

 

 

topics

「月刊農業経営者」編集長、昆 吉則氏の講演が行われます

読了までの目安時間:約 1分

 

 1月15日に行われる平成25年度総代研修会にて、「月刊農業経営者」編集長、昆 吉則氏による「新たなコメ政策と農業経営革新の可能性」と題した講演が行われます。
 参加費は無料ですので、総代以外の組合員の方でも、講演をお聞きになりたい方はぜひお気軽にご参加ください。

日 時:1月15日(水)14:00~
場 所:東京第一ホテル鶴岡「鳳凰の間」
講 師:昆 吉則(こん きちのり)氏
    「月刊農業経営者」編集長
演 題:「新たなコメ政策と農業経営革新の可能性」
参加費:無料

☆月刊農業経営者ホームページ☆
http://www.farm-biz.co.jp/

 

 

topics

JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛、愛サービス」がボランティア活動

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛、愛サービス」では、昨年12月よりショートステイ愛あい館で、週に一度のボランティア活動を行っている。
同会の会員数は48名。今回のボランティアには毎回2名の協力会員が参加し、ベッドのシーツ交換などの作業を行っている。
1月8日には、同会より佐藤蘭子会長と木村佐栄子さんが参加。2人とも手慣れた手つきでベッドメイクを行い、シーツ交換後のベッドは、気持ちよく横になれるような清潔感いっぱいの仕上がりを成していた。
佐藤蘭子会長は「ボランティア活動を通して、利用者と交流を図る事ができ、ボランティアをする側としても大変ありがたい。今後も会として協力していきたい」と語った。
また、現在利用している市内在住の女性は「愛あい館で出される、地元産米などを使った料理はとても美味しい。農家ではない自分はそこにとても魅力を感じている」と語っていた。
愛あい館は大山地区にあるショートステイ。現在は20名前後の方が利用している。

 

シーツ交換されたベッドは気持ちよく横になれるような仕上がりに

 

会員のまごころ一杯のボランティアに、利用者もみんなにっこり

 

 

topics

広報誌「けさらん」1月号を発行しました

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡広報誌「けさらん」1月号(NO.517)を発行致しました。
今月号では、「組織代表者2014新春メッセージ」「午年さんの初夢~年男・年女メッセージ~」などの特集記事を掲載しております。ぜひご覧下さい!

 

topics