不動産センター年末年始休業のお知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

日頃よりJA鶴岡不動産センターをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
別紙の通り、年末年始休業とさせていただきますので、ご理解・ご協力いただきますようお願い致します。

 

不動産センター年末年始休業対応(PDFファイル)

 

 

 

 

topics

若手農業者研修会を開催

読了までの目安時間:約 1分

 

今年度2回目となる「若手農業者研修会」が12月10日に本所ホールで開かれ、管内の若手農業者と役職員30人が参加しました。
この日は日本農業新聞の東北支所長・福本卓郎氏を講師に招き、「TPP大筋合意について」と題した講演会が企画され、このほど大筋合意に至ったTPP交渉の中で、主に農産物分野についての合意内容や今後の影響について説明され、今後懸念される事態として、交渉前に重要5品目の聖域を確保するなどとした国会決議との整合性が今後十分に検証されない可能性があること、参院選で焦点化を避け批准が先延ばしされるのではないかということ、TPPを機に新自由主義的な農業政策に転換される危険性があることなどを指摘しました。
今回の取り組みは、管内の若手農業者の学習・交流を目的としてJAが今年度計4回の開催を予定しており、この日は2回目の開催。

若手農業者研修会

報道面からTPPを学ぶ

 

topics

雪中軟白長ねぎ目揃い会を開催

読了までの目安時間:約 1分

 

長ねぎ専門部は12月4日、雪中軟白ねぎの目揃い会を北部集荷場で開き生産者30人が参加しました。

今年の出荷要領などを伊藤鉄也専門部長が説明し、生産者は見本を見ながら選別方法などを確認しました。

取引先の東京青果株式会社渡部亮太係長は「12月に入って寒さが増し、これから本格的に年末需要が始まる。鶴岡のねぎをしっかりと販売していきたい」と話したほか、消費地動向などを報告しました。

当JA管内の雪中軟白ねぎは、82人の生産者が5.3ヘクタールで栽培しており、今年の生育は順調。来年3月まで収穫され、主に関東地方に140トンを出荷する予定です。

軟白ねぎ

見本で出荷規格を確認する生産者

 

タグ :    

topics

女性フェスティバル「美味しいつるおか菜発見」を開催 

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部は12月6日、女性フェスティバル「美味しいつるおか菜発見」を鶴岡市農村センターで開き、女性部員など260人が参加しました。

講演「『よみがえりのレシピ』・『在来作物で味覚のレッスン』に見る『山形の魅力ある食文化と食材の力』~健康は地方創生の礎~」では、協同組合山形給食センターメディカル事業部やまがた栄養サポートセンター室室長の岡田まさえさんが、食の大切さやドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ』『在来作物で味覚のレッスン』の制作を通して感じた、山形の食の力と食文化の魅力について話しました。

昼食では、今年で4年目となる女性部員手作りの『美味しいつるおか100歳弁当』が振る舞われ、参加者達は鶴岡の食材を使った彩りと栄養バランスの良い料理に舌鼓を打っていました。

また会場には、部員達が創作した絵画や手芸品、支部活動紹介パネル等が展示されたほか、収益が関東・東北豪雨義援金に充てられるバザーや部員手作りの加工品の販売会も行われました。

さらにグループ発表では、大正琴・踊り・民謡など日頃の練習の成果が披露され、会場からは大きな拍手が贈られていました。

女性フェス①1

岡田まさえさんの講演

女性フェス②

女性部員が日頃の練習の成果を披露

女性フェス③

鶴岡100歳弁当

 

 

topics