赤ネギ目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は10月21日、鶴岡市のJA北部集出荷場で赤ネギの目揃い会を開いた。生産者ら16人が参加した。

渡部昌良司専門部長は「生育は順調だが、夏の高温の影響でアザミウマが発生しているので、適宜防除をお願いしたい。高品質な赤ネギを出荷しよう」と呼び掛けた。

JA園芸指導係は白根部分の赤色の割合や調整作業など出荷規格や荷姿について説明。生産者は、サンプルと資料を見ながら葉の処理などを確認した。

販売担当者は「赤ネギは全国的に生産者数や面積が減少し、販売単価は例年並みからやや高値となっている。有利販売につなげるため、選別をしっかりして出荷してほしい」と話した。

赤ネギは専門部の13人が71㌃で栽培。主に関東市場へ約7㌧の出荷を見込み、出荷は11月中・下旬をピークに翌年1月ごろまで続く見通し。

サンプルで赤ネギの出荷規格を確認する生産者

辛味は強いですが、加熱すると甘味が出るので煮物に入れるのがおすすめだそうです!

 

topics

転作・砂丘赤カブ目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は10月20日、鶴岡市のJA北部集荷場で転作田と砂丘地で栽培している赤カブの目揃い会を開いた。

転作・砂丘赤カブはJAが生産拡大に力を入れる園芸品目の一つで、播種(はしゅ)以降の管理作業が比較的少なく、コンテナによる集出荷で労力やコスト削減が期待できる。

昨年は発芽不良で出荷数量が例年の半量程度となったが、今年は天候も良く順調に生育している。

目揃い会には生産者6人が参加した。JA園芸指導係は、サンプルを見せながら選別基準を説明。肥大は良好なので品質管理に気を付けて出荷するよう呼び掛けた。販売主任は「新たな企画販売などで安定した価格でしっかり販売していくので、登録数量分の出荷をお願いしたい」と呼び掛けた。

生産者19人が10㌶で栽培。山形県内の漬物業者を中心に約110㌧の出荷を見込み、出荷は11月上旬に最盛期を迎え、12月下旬まで続く。

サンプルで「赤カブ」の出荷規格を確認する生産者

 

topics

大泉枝豆直売グループ実績検討会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部大泉支部の大泉枝豆直売グループは10月11日、鶴岡市のJA大泉支所で2021年度の実績検討会を開き、会員15人が出席した。

集客数は昨年よりやや多く、直売所と通信販売を合わせて前年比10%増の売り上げとなった。通信販売の「産地直送だだちゃ豆」は、前年比10%増となる2592箱を販売した。

直売所では昨年に続き、営業時間の短縮やグループ員の店番制の廃止、飛沫(ひまつ)防止シールドの設置、行列を避けるため整理券を配布するなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとりながら営業した。

今年は乾燥、過湿の差が激しい1年だった。全体を通して例年以上に収穫量を確保できたものの、天候不順が影響し、肥大不足や擦れなどはじきが多発した。

22年度に向け、肥培管理を徹底し、高品質を維持していけるよう、排水対策や予防防除などの課題について情報を共有。今年産は種の質が悪く発芽率に大きく影響したため、発芽率を安定させるために、温度変化の少ないところで種を保管してほしいことも伝えた。

販売実績と今後の課題を確認した会員

 

topics

キャベツ目揃い会 高品質出荷を呼び掛け

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は10月8日、鶴岡市のJA北部集荷場で加工用キャベツの目揃い会を開いた。生産者ら24人が参加した。

加工用キャベツは、枝豆との組み合わせで二毛作が可能なことや、コンテナによる集出荷で労力・コスト削減が可能なことから、JAが生産拡大に取り組む園芸品目の一つ。

JAの園芸指導係は、サンプルを見せながら選別基準を説明。鮮度を保つために極力外葉を付けて出荷することや、果尻の割れ、病害虫被害を確認するよう呼び掛けた。収穫前に1作型4~5つ割玉を行い、品質を確認することも求めた。

販売係長は「全国的に豊作状態で、外食産業はコロナ禍の影響を受け、消費は伸び悩んでいる。有利販売につなげるため、品質の良いものを出荷し、出荷予定など状況報告をまめにしてほしい」と呼び掛けた。

出荷されたキャベツは、業務用カット野菜などさまざまな用途で使われる。昨年は大雨による活着や初期成育不良の影響などで160㌧の出荷となったが、今年は天候もよく豊作傾向のため400㌧(前年比150%増)の出荷を目指す。2021年度は昨年比1・3倍の995㌃で栽培。出荷は11月に最盛期を迎え、12月中旬まで続く。

加工用キャベツの出荷サンプルを確認する生産者

 

topics

脱渋柿の目揃い会

読了までの目安時間:約 1分

 

庄内地方の秋の味覚「庄内柿」の収穫が本格化するのを前に、JA鶴岡庄内柿専門部は10月8日、鶴岡市のJA金谷選果場と北部集出荷場で脱渋柿の目揃い会を開いた。合わせて約20人の生産者らが参加した。

JA園芸指導係がサンプルとカラーチャートを見せながら出荷規格などを説明。各等級の着色や傷の程度などを確認した。脱渋では軟果にならないよう漬けすぎに注意することを呼び掛けた。JA販売係は「産地リレーが順調にいく見通しだ。選別・選果をしっかりし、作業では怪我や事故がないよう気を付けてほしい」と話した。

平年に比べ果実の着色は早いが肥大は並み。管内でも平場を中心に春先の霜害により収量減の見込み。「刀根早生(とねわせ)」や「平核無(ひらたねなし)」など合わせて約100㌧の出荷を予定している。

 

北部集出荷場で出荷規格を確認する生産者。

 

topics

ミニトマト出荷が本格化 11月までに648㌧計画

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡管内で、ミニトマトの出荷が本格化している。

ミニトマトはJAが生産拡大に取り組む園芸品目の一つ。新規生産者や栽培年数が浅い人向けの栽培基礎講習会も開き、栽培技術の習得も進めている。

2021年度はミニトマト専門部の162人が約17㌶で栽培。出荷は8月中旬から始まり、10月中旬をピークに11月まで約648㌧の出荷を見込む。

今年は7月下旬から8月上旬にかけて気温が高く推移し、芯止まりやほうき花(カスミソウ状態)などの高温障害に苦戦したが、出荷されている果実の品質は良好だ。9月下旬から出荷量が増え始め、現在ピークを迎えている。

ミニトマト専門部の本間卓専門部長(46)は「丹精込めて育てた。おいしいミニトマトができたので、ぜひ食べてほしい」と話した。

ミニトマトを丁寧に摘み取る本間専門部長

 

topics

秋冬用長ネギの目揃い会を開催

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は10月7日、鶴岡市のJA北部集出荷場で秋冬用長ネギの目揃い会を開いた。用意されたサンプルと資料を見ながら、参加した部会員約30人が出荷規格などを確認した。

JAの園芸指導係が各等階級の白根の長さや曲がり、太さなどの基準を説明した。また、調整・箱詰め作業では品質保持のため葉先部分は出荷直前に調整することを伝えた。

渡部昌良司専門部長はあいさつで「選別・調整の徹底でJA鶴岡の評価が決まる。さすが鶴岡産と思われる高品質なネギを出荷しよう」と呼び掛けた。

夏の高温期に軟腐病などが散見されたが防除の徹底により生育は概ね良好。専門部では部員56人が約800㌃で栽培し、11月上旬に出荷ピークを迎える。

出荷規格を確認する参加者

 

topics

アルストロメリア目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡アルストロメリア専門部は10月6日、鶴岡市のJA北部集荷場で目揃い会を開いた。2021年度は出荷量4万㌜(1㌜40~60本)、販売高1億5000万円を目指す。専門部員ら約20人が参加した。
JA園芸指導係がサンプルを示しながら、出荷規格や出荷調整の注意点などを説明。
今後、急に寒くなる場合も考えられるため、暖房機やヒートポンプなどをすぐに使えるように準備を呼び掛けた。
販売担当は「各産地の出荷量が増え、軟調な相場となっている。10月中旬から産地イチオシ品種を選定し有利販売につなげていく。今後も週3回の出荷、1ケースでも多く出荷してほしい」と伝えた。
同専門部の上野善光専門部長は「コロナの感染状況が落ち着き、需要も上向いてきた。需要に応えられるよう引き続き品質管理を徹底し、安定出荷に取り組んでほしい。安定販売を図るため、次年度以降新品種の導入も検討してほしい」と話した。

アルストロメリアの出荷規格を確認する生産者

 

topics

JA鶴岡ローンキャンペーン2021-2022実施中!

読了までの目安時間:約 1分

 

マイカー・教育ローンの低金利でお得な『JA鶴岡ローンキャンペーン2021-2022』を実施中!!☆期間は令和3年10月1日~令和4年4月30日まで☆

 

★チラシ下部のQRコードから、スマートフォンやタブレットによる仮審査(三菱UFJニコス保証・ジャックス保証)をお申込みいただけます★

JA鶴岡ローンキャンペーン2021-2022(PDF)

自家用車のご購入・お買い換えや、教育資金のご準備には、是非この機会に当JAローンのご利用についてご検討ください。
また、マイカー・教育ローン以外にも、当JAでは、お客様のライフプランに合わせて各種ローン商品を取り揃えていますので、最寄りの各支所にお気軽にご相談ください。

 

topics