「鶴岡市農業発展奨励賞」管内から2団体が受賞

読了までの目安時間:約 2分

 

 鶴岡市農業の振興発展に貢献した個人や団体を表彰する「平成23年度鶴岡市農業発展奨励賞」の表彰式が、3月16日に鶴岡市役所で行なわれた。
 管内からは団体の部で、林業における杉伐採と植栽のサイクルに沿い、赤かぶ栽培を組み合わせた伝統の焼畑農法の継承に尽力してきた「田川焼畑赤かぶ専門班」と、長年にわたり水稲の優良種子の生産に共同で取り組み、地域生産者への安定供給に尽力してきた「鶴岡市京田種子生産組合」の2団体が表彰された。
 鶴岡市農業発展奨励賞については、地域の環境を生かし優れた経営実績や創意工夫に富む生産技術を実践している先駆的な農業者等、農業の振興発展に功労のあった個人や団体を表彰し、その功績を顕彰するとともに、受賞者を幅広く紹介することにより、鶴岡市農業の振興発展に資することが目的とされている。
 受賞した田川焼畑赤かぶ専門班の長谷川喜三班長は、「先人達のたゆまぬ努力があり、現在、田川かぶは在来作物として大きな注目を集めている。今回の受賞を励みに、今後も焼畑農法を貫き、その伝統を後世に伝えていきたい」と決意を新たにしていた。
 他にも団体では、庄内柿の産地力向上に貢献した「JA庄内たがわ庄内柿生産組織連絡協議会」、個人の部では、地産地消ビジネスを創出し複合経営を確立した西荒屋の長南光さんが受賞した。

 

topics

だだちゃ豆専門部が「全体研修会」を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

 だだちゃ豆専門部は、平成24年産だだちゃ豆の生産に向けて、3月15日に鶴岡市農村センターで全体研修会を開催。管内から230人の生産者が集まり、栽培管理のルールなどを確認した。
 木村君雄専門部長は冒頭の挨拶の中で「昨年産は大雨の影響などにより悔しい思いもしました。今年の生産にかける強い思いは、全専門部員が同じだと思います。本日の研修内容を栽培に活かし、美味しいだだちゃ豆をつくりましょう」と参加者の士気を鼓舞した。
 研修会では、専門部・JAにより最初に栽培マニュアルが説明された。専門部では、種子消毒において新たな殺虫・殺菌剤『クルーザーMAXX』を推奨し、カビや立ち枯れの予防を徹底する。また、乾燥による未熟莢や欠粒莢の発生を防ぐ為、圃場の状態に合わせた潅水を行い、土壌水分を適正に保つようにアドバイスをおくった。
 専門部取り決め事項については、従来よりもクレーム対応を厳格化する項目を加え、更なる高品質出荷に努めることを説明。さらに、農薬適正使用の遵守などが強く訴えられた。

 

topics

広報誌「けさらん」3月号を発行しました

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡広報誌「けさらん」3月号(NO.495)を発行致しました。
今月号では、「西郷砂丘畑振興会が創立50周年」「新たな協同 女性とともに」などの特集記事を掲載しております。ぜひご覧下さい!

 

topics

西郷砂丘畑振興会が「創立50周年記念事業」を開催

読了までの目安時間:約 3分

 

 西郷砂丘畑振興会は3月9日、会の設立から50年となる節目の年を記念して、「創立50周年記念事業」を開催した。
 会場となった東京第一ホテル鶴岡には、畑振会員をはじめ、来賓、JA役職員など700人が集まり、盛大にイベントが繰り広げられた。
 西郷砂丘畑振興会は昭和38年3月の設立以来、不毛とされた砂丘地帯において、生産者らの努力によりネットメロン・ミニトマト・さやいんげん・長ねぎなどを中心とする約20億円の一大園芸産地を形成し、鶴岡市の農業発展に大きく貢献してきた。
 記念祝賀会では、50年間の歴史を振り返る映像が大スクリーンで映しだされたほか、50周年記念誌も発行され、参加者たちは先人達の取り組みを振り返った。
 主催者を代表して同会の阿部健一会長は「振興会の先輩役員のリーダーシップと会員の努力、そして関係各位のご支援・ご協力に深く感謝申し上げます。50周年という機会に改めてここまでの実績や労苦を振り返ることは、これから次の世代へバトンタッチしながら100年産地を目指す上でも、意義深いものになると考えています。畑振のさらなる発展に向けて会員とともに努力して参りますことをお誓い致します」と挨拶。参加者達はさらなる高みを目指し、結束を深めていた。
 そして、この日のイベントで大きな注目を集めていたのが、元宮崎県知事の東国原英夫氏による記念講演だ。畑振会員の他にも、講演を聞きたいと希望する農業関係者など多くの一般市民も参加。
 会場では、東日本大震災から一年を迎えるにあたり、被災地域の復興に役立てるための募金活動なども行われた。
 東国原氏の名前がアナウンスされその姿を現すと、会場は一気に興奮に包まれた。東国原氏は『東国原流・逆転の発想~どげんかせんといかん!この日本!』と題した講演の中で、「政治家とお笑い芸人は、小さい頃から叶えたい夢だった」と話し、お笑い芸人だった自らが政治を志した経緯を、ジョークをふんだんに交えて語った。
 たけし軍団での活動や、知事時代の失敗談など面白いエピソードの数々に、会場を埋めた聴衆は爆笑しながら話題の元知事の講演に耳を傾けていた。最後には「この国を変えるためには、地方を元気にしないといけない。一緒に頑張っていきましょう」と聴衆に訴え、講演終了時には割れんばかりの大きな拍手が送られた。

 

topics

親子でのスノートレッキングを体験「あぐりスクール」

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA生活課が主催する「あぐりスクール」が3月3日に開催され、親子連れの市民など33人が参加。今回は親子でのスノートレッキング(雪のなかでの山歩き)を体験しながら、自然との触れ合いを楽しんだ。
 参加者達は最初に鶴岡市農村センターにおいて、日本自然保護協会自然観察指導員・東北山岳ガイド協会サポートクラブ会員である中里慶三氏(JA鶴岡・生活課長)から、かんじきの履き方やトレッキングの基礎などを学んだ。
 鶴岡市の高館山自然休養林下池周辺に移動し、かんじきを履いてトレッキングがスタート。参加者のほとんどが初体験となったが、「おこじょ楽山会」の協力により、親子でアニマルトラック(動物の足跡)や冬芽を探しながらのトレッキングを楽しんだ。また、昼食はJA産直館の野菜をふんだんに使ったカレーに舌鼓を打った。
 参加者達は「たくさんの動物の足跡を見つけることができ、楽しかったです。かんじきの体験は新鮮でした」「日頃の運動不足が少し解消されました。雪景色を見ながら歩くなど、とても気持ちのよいスポーツだと思います」と感想を話すなど大好評のイベントとなった。

 

topics

「あぐりセミナー」で、冬の運動不足を解消

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA組合員やその家族、さらに一般市民に向けて生活に役立つ情報を伝えようと、JA生活課が主催しているイベント「あぐりセミナー」の第5回講座が、2月29日に農村センターで開催され、組合員や一般市民など約50人が参加した。
 今回のセミナーでは、鶴岡市レクリエーション協会の鎌田博子会長が講師となり、「寒い時こそ、軽く体を動かしてみよう!」をテーマとしたレクリエーション&軽体操に挑戦。参加者達はストレッチや体操をはじめ、ゲームなども交えた運動を楽しみながら、冬の運動不足を解消していた。
 また、人気が高まってきている『ごはんパン』に関する講演も行われ、メーカー担当者が専用の自動ホームベーカリーを使い、実際にごはんパンを作る作業を実演。味はしっとりと甘く、腹持ちが良くヘルシーなごはんパンは、出来立ての試食でも好評。残ったごはんを活用するので経済的な面なども参加者の注目を集めていた。
 今年度の全5回にわたるセミナーが終了し、最後には閉講式が行われた。皆勤賞となった31人の参加者には、本間孝代表理事常務からJA産直館の可愛らしい花鉢がプレゼントされた。

 

topics