畜産部会総会 役員改選案などを承認

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡畜産部会は3月30日、鶴岡市のJA農業振興センターで総会を開いた。関係者15人が出席し、2021年度の事業計画などを決めた。21年度は、生産と流通の計画化と共同化を促進し、防疫体制を強化する。飼養管理技術、出荷成績の向上を目指し、部会員一丸となって事業に取り組むことや、20年度の活動報告などを原案通り承認した。役員改選では、部会長に佐藤眞一さん(米出)、副部会長に大戸晋さん(清水新田)を選んだ。

伊藤長市部会長は「全国各地で鳥インフルエンザや豚熱などの感染症が猛威をふるい、新型コロナの影響もあり大変な年だった。21年度も感染症に負けずに高品質な生産を目指して頑張ろう」と呼び掛けた。

総会に先立ち表彰があった。20年度子牛共進会で優良牛を受賞し、販売額が上位の生産者を表彰する優良子牛生産者表彰最優秀賞には、19年に続き鶴岡市森片の伊藤長市さんが輝いた。

肉用牛の繁殖成績を審査した繁殖牛飼養管理共励会最優秀賞は、19年に続き同市米出の佐藤眞一さんが受賞した。

表彰された伊藤さん㊧と佐藤さん

 

topics

ボールを使った運動で健康づくり 愛、愛サービス健康サロン

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛、愛サービス」は3月26日、鶴岡市のJA大泉支所で健康サロンを開いた。会員ら11人が参加した。

鶴岡市のたかだてスポーツクラブ事務局長でスポーツ教室指導員の荻原恵美さんを講師に迎え、音楽に合わせて楽しく体を動かした後、ボールを使った筋トレや、全身をほぐすストレッチを行った。

荻原さんは「有酸素運動と筋トレ、ストレッチの3つの運動を組み合わせて行うと効果的なトレーニングになる。ぜひ自宅でも取り組んでほしい」と話した。

同会の佐藤喜美副会長は「心も体もリフレッシュできて、楽しい時間を過ごせた」と話した。

健康サロンは、住み慣れた地域でいつまでも健康で自立した日常生活を送ってもらうことを目的に企画し、令和3年度も10月から3月まで毎月開催する予定だ。

ボールを使って筋トレをする会員

 

topics

令和3年度アグリウーマン塾 受講生募集

読了までの目安時間:約 1分

 

農業経営に意欲的な若手女性農業者を対象に、実践力と経営感覚を養い、その活躍を支援することを目的とした養成塾です。

 

・研修期間 全6回(令和3年5月~令和4年1月)

・募集人員 15名程度(若手女性農業者)

・会  場 北村山地域振興局(村山市)(予定)

・受  講 料 無料(実費負担あり)

・問  合 せ 山形県立農林大学校 研修部(TEL:0233-22-8794)

・申し込み 最寄りの各農業技術普及課(5月7日(金)締め切り)

 

詳細は「やまがたアグリネット」(http://agrin.jp/)に掲載しています。

 

topics

フリージア目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡花き振興部会フリージア班は3月24日、鶴岡市のJA北部集荷場でフリージア目揃い会を開いた。生産者11人で約0.7㌶を栽培。

JA園芸指導係が等階級などの出荷規格や調整作業など注意点を説明した。販売状況についてはお彼岸や卒業式で強い引き合いを見せ安定した販売となった。今後は送別会や入学式などのイベントに期待し販売していくことをJA販売係が説明した。

須藤勝班長は「気温が徐々に上がってきている。葉ヤケしないようハウスの換気をして適温・かん水管理の徹底をお願いする」と呼び掛けた。

出荷規格を確認する生産者

 

 

 

topics

衛生管理を万全に「HACCP」学ぶ 加工事業者研修会

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は3月23日、鶴岡市農村センターで加工事業者研修会を開き、組合員ら35人が参加した。庄内保健所生活衛生課の佐々木健太さんを講師に招き、「チャレンジHACCP講習会~衛生管理計画を作ってみよう!~」と題して、食品衛生法改正により義務化された、危害分析重要管理点(HACCP)について学んだ。

HACCPとは、原料の受け入れから製造、出荷までの工程において、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性のある危害要因を化学的根拠に基づいて管理する、衛生管理の手法。全ての食品関連業者を対象に2021年6月から義務化され、各工程の異物混入や食中毒発生要因の分析、衛生管理計画の策定や、計画の実施状況を記録することが求められる。

参加者は、厚生労働省が発行する「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」を参考に、衛生管理計画書を作成した。

佐々木さんは「衛生管理計画、実施、記録・確認」の3段階を「見える化」することの重要性を説明し、「HACCPは導入してからがスタート。問題が発生した場合は対応策を検討して計画書を見直すなど、振り返りが大切。よりよい衛生管理を目指して取り組んでほしい」と呼び掛けた。また、食品営業許可制度の見直しと、食品営業届出制度の創設についても説明した。

参加者は「計画・実行・記録の重要性を感じた。習慣になるように続けたい」と話した。

HACCPについて説明する佐々木さん

衛生管理のポイントを学ぶ参加者

 

topics

令和2年度JA鶴岡長ねぎ専門部総会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は3月23日、鶴岡市のJA振興センターで2020年度総会を開催した。部会員やJA職員約30人が出席し、20年度の事業報告・収支決算や役員改選など5つの議案を承認した。

20年度のネギ全体販売実績は前年比13%増となった。露地ネギは9月のフェーン現象で葉先枯れ病・軟腐病が発生したことにより出荷数量は減少した。軟白ネギは露地ネギ同様に軟腐病の発生や12月以降の寒波による葉折れが散見されたが、数量は前年比3%増、単価は前年比20%増となった。

渡部昌良司専門部長は「今年度はコロナ禍で販促活動である全国ネギサミットが中止となり大きな痛手となったが、昨年度以上の販売実績をあげた。部会員の日頃の努力によるものだ」と謝意を述べた。

役員改選では、渡部専門部長と北支所役員が再任し、副専門部長の近藤則昭さんのほか支所役員、監事が退任した。新たに副専門部長に斎藤喜一さんをはじめ7人を選出した。任期は2年となる。

あいさつを述べる渡部専門部長

 

 

topics

女性部第50回通常総会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部は3月22日、鶴岡市の農村センターで第50回通常総会を開いた。部員・関係役職員48人が出席し、収支決算や事業計画など3つの議案について全て賛成多数で承認した。

渡部優子女性部長は「今年度の総括と次年度の事業を決める重要な場となる。皆さんの活発な意見を求める」とあいさつした。

2020年度は初めて本部企画のみそ造り講座を企画し、女性部員ら46人が参加。庄内産大豆「里のほほえみ」と県産米「はえぬき」を使ったみそ造りに挑戦し、次年度以降も継続して行う予定。

21年度は女性部結成50周年記念式典を開き、合わせて記念冊子の発行を予定している。

上程された議案は原案通り承認され、部員たちは来年度の事業に向けて気持ちを新たにした。

総会に先立ち、前本部役員の功績をたたえる感謝状の贈呈も行われた。

JA鶴岡女性部は、昭和47年に設立され、会員数は465人。設立以来、阪神淡路大震災や中越地震、東日本大震災の支援、設立した助け合い組織「けさらん愛・愛サービス」での福祉施設ボランティアなどを行ってきた。近年は、地域伝統食の伝承を目的として、高校生対象の伝統料理講習会に取り組んでいる。

次年度の計画を確認する部員

前本部役員へ感謝状が贈呈された

 

 

topics

助け合いの会「けさらん愛、愛サービス」総会

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡助け合いの会「けさらん愛、愛サービス」は3月18日、鶴岡市のJA 大泉支所で第23回通常総会を開いた。

阿部真由美会長は「思うように活動できず残念だったが、これからもコロナと付き合いながら活動を行っていきたい」とあいさつ。

2020年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止とした事業もある中、住み慣れた地域でいつまでも健康で自立した日常生活を送ってもらうことを目的に「健康サロン」を初めて実施。自分の体を見つめ直し、楽しみながら体を動かすきっかけになったことから21年度も継続して行う予定。

総会では、20年度の活動報告や21年度活動計画、予算案など原案通り承認した。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、研修、懇親会を控え総会のみが行われた。

活発な意見が交わされた

 

topics

女性大学「きらめきカレッジ」第7期生の募集について

読了までの目安時間:約 1分

 

女性大学「きらめきカレッジ」の第7期生を下記により募集いたします。

 

これまでの活動はこちら(中段)

 

 

topics

直売所「もんとあ~る」全体会議を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡産直課は3月16日、鶴岡市の農村センターで直売所「もんとあ~る」の全体会議を開催した。出荷者のほか、五十嵐廣運営委員長ら産直運営委員、JA役職員延べ約80人が参加し、2020年度の取り組みと21年度の取り組みなどの報告協議のほか、出荷者表彰を行った。

野菜、果物、花きや加工品など直売所全体の20年度販売実績は約8億8千万円で前年比8%増の見込み。特に特産「だだちゃ豆」は前年比約20%増となった。コロナ禍による中食の増加などにより客数・客単価が伸びた。また、産直品の100円均一祭や産地間提携による特産品の取り扱い、チョコレート「ロイズ」の移動販売などのイベントも大好評だった。

出荷者表彰では、20年1月~12月までの1年間の売上と前年同期間を比較し伸び率上位者を表彰した。第1位は湯田川地区の小田茂子さんが選ばれた。第2位は西郷地区の佐藤司さん、第3位は大泉地区の小池秀子さんだった。

佐藤茂一組合長はあいさつで「コロナ禍が追い風となった事業のひとつが産直事業。これは当JAだけではなく近隣のスーパーも同じ。お客様にまた来たいと思ってもらえる魅力ある店づくりをしなくてはならない」と述べた。五十嵐廣運営委員長は「会員、スタッフのおかげで3店舗ともお客様に喜ばれ頼りにされる店になっている。笑顔あふれる直売所になるよう委員一同これからも頑張っていく」と述べた。

会議は新型コロナ感染拡大防止のため、参加人数を制限し、2部に分けて開催した。

第1位に選ばれた小田茂子さん

第2位の佐藤司さん

第3位の小池秀子さん

 

topics