長ねぎ専門部 2018年度総会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は3月20日、鶴岡市の湯野浜温泉「華夕美日本海」で2018年度総会と栽培講習会を開いた。関係者56人が出席した。18年度の事業報告など4議案が承認された。

伊藤鉄也専門部長は「18年度は天候と、他産地の出荷遅れによる競合に悩まされた年だった。皆さんの努力で毎年立派なネギを出荷いただき感謝する。今年も一年頑張っていいネギを作ろう」と呼び掛けた。

18年度は、露地ネギの生育は順調だったが、台風による葉折れなどの傷みにより出荷数量と販売額は減少した。軟白ネギは、他産地との競合により販売単価は昨年度より低かったものの、順調な出荷が続き、出荷数量は前年比122.5%で、販売額は昨年度より増加した。

19年度は、生育状況に応じた栽培講習会や、研究会による新規生産者向けの栽培実習圃での研修や若手生産者の育成を進め、生産者、出荷数量増に向けて取り組んでいく。

市場関係者からは、暖冬の影響で鍋物需要が減り、ネギの販売に苦戦した。消費地での評価は良く、販売額1億円をめざして、引き続き高品質なネギの生産と、出荷数量増を要望された。

役員改選では、専門部長に渡部昌良司さん(平田)、副専門部長に近藤則昭さん(道地)が選出された。役員とは別に研究会の会長に五十嵐隆幸さん(文下)が選出された。

総会前には栽培講習会を開き、種苗会社と農薬メーカーの社員が、ネギの販売情勢や栽培のポイント、農薬を紹介。研究会もおすすめの殺虫剤や液肥などの特徴や使い方を紹介した。

18年度を総括する伊藤鉄也専門部長
あいさつする新役員
2019年度事業計画を確認する専門部員

 

タグ :   

topics

倒伏防止に効果 軟白ネギのヒモ張り講習会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は8月10日、鶴岡市で、新たに軟白ネギの栽培に取り組む生産者を対象にした軟白ネギのヒモ張り講習会を開いた。

軟白ネギの成長に伴って両脇をヒモで支える事で、倒伏防止の効果がある。

五十嵐隆幸副専門部長の指導で、参加者は支柱を立て、軟白ネギを挟むように2本のヒモを張った。

五十嵐副専門部長は「ヒモを重ねながら結ぶと緩みづらい。ヒモでネギが傷つくと病気になりやすいので引っ張る時は気を付けて」などと張り方のコツや注意点を伝えた。

参加した佐藤将之さんは「赤ネギを栽培しているが、軟白ネギは栽培方法が異なるので、先輩農家から細かいところまで教えてもらえてありがたい」と話した。

五十嵐副専門部長は「軟白ネギの栽培は難しいが、専門部での勉強会を積極的に開き、丁寧に指導している。今後は生産拡大を目指し、同JAの特産エダマメ「だだちゃ豆」のような品目に成長できれば」と話した。

同専門部では、本年度から軟白ネギ生産者を増やす取り組みとして、栽培から出荷までを学ぶ場として実習圃を設けた。今後は2段目のヒモ張りを行う予定だ。

軟白ネギ生産者は91人で、約5・7㌶で栽培する。首都圏を中心に140㌧の出荷を計画している。

ヒモの張り方を教える五十嵐副専門部長㊧

 

 

タグ :   

topics

長ねぎ専門部 2017年度総会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は23日、鶴岡市の湯野浜温泉「華夕美日本海」で2017年度総会を開いた。関係者約50人が出席した。
17年度の事業報告など3議案が承認された。
伊藤鉄也専門部長は、17年度は若手生産者からの申し出もあり、若手を育て生産を伸ばしていくために研究会を発足し勉強する場を設けた。
まだまだ生産量も少なく、販売高も伸ばしていきたい。18年度は販売額1億円越えを目指そうと呼び掛けた。
実績報告の中で17年度は、露地、軟白ネギともに天候の影響もあり、昨年度より出荷数量は減少したが、特に軟白ネギが高単価となり販売額は、昨年度並みの販売額となった。
18年度は、主に新規生産者に向けに栽培実習圃を設けた研修会や、研究会による若手生産者の育成など、研修事業を強化。生産者、出荷量増加に向けて取り組んでいく。
市場関係者からは、軟白ネギは新規の引き合いもあったが数量がそろわず対応できなかった。市場の評価も良く、ビジネスチャンスはあるのでぜひ出荷数量を増やしてほしいと要望された。


17年度を総括する伊藤鉄也専門部長

 

タグ :    

topics