雪中軟白ねぎの収穫始まる

読了までの目安時間:約 2分

 

12月から庄内地方の冬の味覚「雪中軟白ねぎ」の収穫が始まっている。

「雪中軟白ねぎ」はハウスで栽培し、一般的な長ねぎよりも白根が長く、やわらかい食感と甘みが特徴。ネギの白根部分を伸ばすため、土寄せする代わりに黒いフィルムを使って遮光することで、手間は掛かるが、軟らかな触感のネギが育つ。JA鶴岡長ねぎ専門部では92人が、あわせて5・6㌶で栽培している。

同専門部の石塚学さん(42)のハウスでは12月17日から収穫が始まり、長さ1メートルほどに育ったネギを次々と収穫していた。石塚さんは「雪も降り、ネギの甘みも増して出来もよい。ネギの天ぷらやしゃぶしゃぶ、煮物料理にも最適なので、おいしく食べてほしい」と話した。

今年は夏に気温の高い日が続いたため、生育への影響が心配されたが、品質のよいネギが育っていて、来年3月までに約130㌧の出荷を見込んでいる。来年1月から2月下旬にかけて最盛期を迎え、首都圏や県内を中心に3月末まで出荷する。

甘さと軟らかさが特徴の「雪中軟白ねぎ」を収穫する石塚さん

 

タグ :  

topics

軟白ねぎフィルム張り講習会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は10月20日、鶴岡市で「軟白ねぎ」のフィルム張り講習会を開いた。新規生産者ら12人が参加した。
同専門部で栽培する「軟白ねぎ」はネギの白根部分を伸ばすため、土寄せする代わりに黒いフィルムを使って遮光する。手間はかかるが軟らかな触感のネギが育つ。

近藤則昭副専門部長と斎藤喜一さんが講師となり、倒伏防止のためのヒモ張りからフィルムの張り方、カラー鉄線を使った固定方法を実演しながら伝えた。斎藤さんは「フィルムを張る時に洗濯ばさみで固定しながら張っていくと力がなくてもフィルムをしっかりと張ることができる」と助言した。
JA園芸指導係は、土壌水分を確認し乾いたらかん水することや、フィルムを張る前の防除について呼び掛けた。

「軟白ねぎ」は生産者92人で約5・6㌶を栽培。出荷シーズンは12月上旬~3月下旬までで、本格出荷する12月からは「雪中軟白ねぎ」の名称で、首都圏を中心に約130㌧の出荷を計画している。

フィルムの張り方を聞く参加者

 

タグ : 

topics

軟白ねぎのひも張り講習会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は7月21日、鶴岡市の圃場(ほじょう)で生産者9人が参加して「軟白ねぎ」のひも張り講習会を開いた。
軟白ねぎの成長に伴い、両脇をひもで支えることで倒伏防止が期待できる。近藤則昭副専門部長が講師を務め、支柱にネギを挟むように2本のひもを張り「ひもを張るタイミングは品種によって異なるが、早めの準備が大切。ネギの生長に合わせて最初からきつく張らないように注意して」と伝え、ひもの張り方のこつや注意点を手ほどきした。
JAの園芸指導係は、管内の生育状況や今後の管理作業について説明。かん水時期や雑草対策、病害虫防除を呼び掛けた。
「軟白ねぎ」生産者は92人。前年度より4人増え、約5・6㌶で栽培する。首都圏を中心に約130㌧の出荷を計画している。

ひもの張り方を説明する近藤則昭副専門部長㊧

 

タグ : 

topics

軟白ねぎ定植講習会で栽培のこつを伝授

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は6月12日、鶴岡市で「軟白ねぎ」の定植講習会を開いた。専門部員ら16人が参加。「軟白ねぎ」を栽培している専門部員の圃場(ほじょう)で、チェーンポット専用の簡易移植機「ひっぱりくん」を使った定植方法や管理のポイントなどを確認した。

JA園芸指導係から、土壌づくりや定植後の栽培管理のポイントなどを学んだ。JA園芸指導係は、土壌内の養分の残存量を把握した上で適切な肥料散布を行うため、元肥施肥前に土壌分析することや、定植後は活着の遅れを防ぐため、最初のかん水はなるべく早く行い、土の中までしっかり浸透させることを呼び掛けた。

雑草抑制のため、定植後10日後までに除草剤を散布することも伝えた。

移植機の使い方では専門部員が、身長に合わせたハンドルの調整方法や定植後の土寄せの仕方を伝え、専門部員は畑の溝に沿って移植機を引きながら作業を体験した。

「軟白ねぎ」生産者は92人。前年度より4人増え、約5・63㌶で栽培する。首都圏を中心に約130㌧の出荷を計画している。

今後、専門部では生長した「軟白ねぎ」の倒伏を防ぐひも張りの講習会を予定し、栽培から出荷までをサポートしていく。

移植機を使った定植を体験する専門部員㊧

 

タグ : 

topics

雪中軟白ねぎ出荷規格を確認

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡長ねぎ専門部は12月6日、鶴岡市の北部集荷場で軟白ねぎの目揃い会を開いた。生産者、JA職員ら約70人が参加。

 本格的な出荷となる12月から3月は「雪中軟白ねぎ」の名称で主に首都圏を中心に出荷される。

 営農指導員が新たな選別基準が増えたことや出荷規格を説明し参加者は、サンプルを見ながら確認した。

 販売担当は、「台風の影響もあり市場への入荷量が少なく需要が高い状況が続いている。企画販売にも取り組み、1・2月に販売先での売り場を確保していたいので1ケースでも多く出荷してほしい」と呼び掛けた。

 市場関係者は、昨シーズンJA鶴岡産は傷みやクレームなどが少なく今シーズンも高品質のものを出荷してもらいたいことや、より売れる袋詰めのポイントを伝えた。

市場関係者より袋詰め時のアドバイス受ける参加者

 

タグ :  

topics

赤ねぎ目揃い会 出荷規格確認 

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡長ねぎ専門部は11月6日、鶴岡市のJA北部集荷場で赤ねぎの目揃い会を開いた。生産者や関係者18人が参加。

 渡部昌良司専門部長は「夏の高温により厳しい栽培環境だったが出荷始めから高品質な出荷となっている。引き続き高品質な出荷をお願いしたい」とあいさつ。

 JA営農指導員は、白根部分の赤色の割合や調整作業など出荷規格や荷姿について説明。参加者はサンプルを見ながら葉の処理などを確認した。

 販売担当は、品質の良さや調整作業が丁寧であることが評価されており、今後も継続して出荷調整作業をおこなってもらいたい事、これから出荷される軟白ねぎも含めて12月以降も販売先で売り場を確保していくと伝えた。

 同専門部の13人で栽培し、1月頃まで出荷が予定されている。

赤ねぎの調整作業・出荷規格を確認する生産者

 

タグ : 

topics

軟白ねぎフィルム張り講習会 フィルム張りのコツを学ぶ 

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡長ねぎ専門部は10月24日、鶴岡市の圃場(ほじょう)で軟白ねぎのフィルム張り講習会を開いた。新規生産者ら10人が参加。

 同専門部では、軟白ねぎの白根の部分を伸ばすために土寄せする代わりに黒いフィルムを使って遮光する。

 近藤則昭副専門部長が講師となり実演しながら、フィルムを止める間隔や曲がりに向けた対策など作業時の注意点やポイントを伝えた。

 JA営農指導員は、管内の生育状況や、当面の管理作業について説明。潅水(かんすい)時期や倒伏防止に向けた対策、フィルムを張る前の防除について呼び掛けた。

 本格出荷される12月からは「雪中軟白ねぎ」の名称で出荷されており、主に首都圏を中心に140㌧の出荷が予定されている。

フィルム張りのポイントを聞く参加者

 

タグ : 

topics

選別徹底へ 秋冬ネギ目揃会

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡長ねぎ専門部は9月27日、鶴岡市のJA北部集荷場で長ネギの目揃会を開いた。関係者約30人が参加。

 渡部昌良司専門部長は「防除と肥培管理を徹底し、品質の良い長ネギ の出荷をお願いしたい」とあいさつ。

 出荷規格別にサンプルを用意し、営農指導員が等級や階級など10月から出荷が始まる秋冬ネギ用の出荷規格を説明。白根の長さや曲がり、太さなどの基準や調整・箱詰め作業での注意点を伝えた。参加者はサンプルを手に取りながら出荷規格を確認した。

 販売担当は「鶴岡産の長ネギがスタートするが選別を徹底する事で市場の評価を高め、今後出荷が始まる赤ネギ・軟白ネギにつなげていこう」と呼び掛けた。

出荷サンプルを見ながら長ネギの出荷規格を確認する参加者

 

タグ :

topics

軟白ねぎの管理を学ぶ

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は6月7日、鶴岡市の栽培実習圃(ほ)で軟白ねぎの研究会と定植講習会を開いた。若手や新規生産者などを対象に開き、関係者7人が参加した。研究会長が講師となり、殺虫剤の使用方法や、チェーンポット専用の簡易移植機「ひっぱりくん」を使った定植方法などを指導した。

近藤則昭副専門部長は「定植作業は大変だが、講師の定植方法をじっくり見て実際に体験し、わからないことはどんどん聞いてほしい」とあいさつ。

専門部内で生産者のレベルアップを目的に組織した長ねぎ研究会の五十嵐隆幸会長が、アザミウマなど害虫の多い圃場での殺虫剤の使用例を指導。散布時期や使用する殺虫剤名、散布量などを紹介した。

定植講習会では定植と定植後の管理を確認。土壌内の肥料の残留量を把握した上で適切な肥料散布を行うため、元肥施肥前に土壌分析すること、定植後の最初のかん水は土の中までしっかり浸透させることを呼び掛けた。雑草抑制のため薬剤散布後3週間程度は圃場内に立ち入らないことも伝えた。

五十嵐会長は移植機の使い方で「使う前にネジがきちんと締まっているかなどの確認作業も大事。生育不良を防ぐためチェーンポットが土の中にしっかり入るように移植機の高さを調整して」などと助言した。部員は畑の溝に沿って移植機を引きながら体験した。

軟白ねぎ生産者は88人で昨年度より5人増え、約5・6㌶で栽培する。首都圏を中心に130㌧の出荷を計画している。

五十嵐会長㊨から移植機の使い方を学ぶ専門部員
軟白ねぎの定植を体験する参加者

 

タグ : 

topics

露地ねぎ定植講習会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は4月26日、鶴岡市西郷地区の圃場(ほじょう)で、チェーンポット専用の簡易移植機「ひっぱりくん」を使った露地ねぎの定植講習会を開いた。生産者10人が参加。

「ひっぱりくん」は溝切りや植え付け、土寄せ、鎮圧の移植作業を同時に行い、作業の省力化が可能。同専門部で所有し、レンタルしている。役員が実演しながら、操作方法や定植のコツを説明。「移植機を持つ角度を調整しながら引くとスムーズに定植できる」などと助言した。参加者も畑の溝に沿って移植機を引きながら定植作業を体験した。

JAの営農指導員は、土壌分析を行ってから土づくりを行うことや、育苗のポイント、農薬の使用についての注意点を伝えた。

参加者は「ねぎの栽培歴が浅いので、ベテランの生産者から移植機の使い方のコツを教えてもらえて良かった。今回の実演を生かし、ネギ栽培に取り組んでいきたい」と話した。

ネギの定植作業を体験する参加者

 

タグ : 

topics