温室メロン目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

温室メロン専門部は9月15日、鶴岡市のJA北部集出荷場で温室メロンの目揃い会を開いた。部会員約10人が参加し、出荷規格や箱詰めなどについて確認した。

JA園芸指導係が資料とサンプルを提示しながら、色や形状、ネットの密度・盛り上がりなどの基準を説明した。JA販売係は「当産地は品質が良く市場からの需要も高いので、多くの出荷をお願いしたい」と呼び掛けた。

温室メロンに代表されるアールスメロンは高級メロンで、T字型のツルを付けた状態で出荷される。細かなネットと果肉のみずみずしさが特徴だ。専門部の12人が栽培し、出荷は主に関東と関西の市場に向け10月中旬に最盛期を迎え、11月中旬まで続く見通し。

サンプルを確認する生産者

 

topics

青年部南支部が児童に稲刈りを指導

読了までの目安時間:約 1分

 

鶴岡市立斎小学校の5年生は9月9日、学校近くの三浦直樹さんの田んぼで5月に植えた「はえぬき」の稲刈りを体験した。

JA鶴岡青年部南支部の指導で、同校は食農教育の一環として毎年、田植えから稲刈りまでを学んでいる。

斎藤嘉一支部長が、鎌の持ち方や稲の刈り方のこつを伝えると、児童は1株ずつ丁寧に刈り取り、稲杭(いなぐい)に稲わらを掛けて自然乾燥させる杭掛けを体験した。

児童は「田んぼの土がぐちゃぐちゃで、手作業で稲を刈り取っていくのが大変だったが、楽しかった」と話した。

稲刈りを楽しむ児童

杭掛けのやり方を教える斎藤支部長㊨

 

topics

ネットメロン共励会表彰/2年ぶり販売高11億円突破!!

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡と西郷砂丘畑振興会、ネットメロン専門部は9月10日、鶴岡市のJA西郷支所で高品質なネットメロンを栽培した生産者と集落を表彰する共励会表彰式を開いた。

生産者の部は面野山地区の斎藤浩幸さん、集落の部は下川上(代表の大場智晃さん)が2年連続の受賞となり、佐藤重勝専門部長から賞状と目録が贈られた。

2021年産ネットメロンの出荷数量は約54万4800㌜(1㌜5㌔)、販売高は約11億7000万円で2年ぶりに11億円を突破した。今年も新型コロナの影響が懸念されたが、事前商談による計画的な販売などが奏功し、相場が崩れることなく高単価で販売できた。また、競合他品目が霜害や雹害の影響から数量が少ないこともあり、メロンの需要が高まり平年よりも高い相場で販売できた。

4月に発生した降霜の影響は少なく、出荷開始は平年並みからやや早かった。ハウス、露地栽培ともに早い作型は開花期の曇天や雨の影響から小玉となったが、以降は果実肥大は良好となった。露地の後半の作型では腐敗や軟果が見られたが、全体的に品質は良好だった。

来年以降も高単価を継続していくため、販売先への正確な産地情報の提供と高品質維持に努め、さらなる販売額の増大を目指す。

例年、表彰式とあわせて開催している精算報告会は、新型コロナ感染拡大防止のため中止となった。

生産者の部を受賞した面野山地区の斎藤さん

集落の部を受賞した下川上(代表の大場さん)

 

topics

米の需給調整に関する要請書を鶴岡市長へ提出

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡の佐藤茂一組合長とJA庄内たがわの太田政士組合長は9月9日、鶴岡市役所を訪れ、皆川治市長に「米の需給調整に関する要請書」を連名で提出した。

コロナ禍による予期せぬ需要減などにより主食用米の民間在庫は業務用米を中心に増加。2021年産米の生産量見通しを達成したとしても、今後の作況が豊作基調となればさらに民間在庫が増加し、21年産米の需給緩和と米価下落、22年産作付け転換にも上乗せとなり、稲作を根幹とする県農業への甚大な影響が懸念される。

持続可能な水田農業の維持・発展に向け、政府備蓄米の運用改善や市場隔離の実施、さらには倉庫の新設や低温倉庫の改修にかかる支援など、出来秋に向けた出口対策を強化・拡充することを国に対して強力に働きかけるよう要請した。

皆川市長へ要請書を手渡す佐藤組合長㊧と太田組合長㊨

 

topics

カウンターセールスコンテスト県大会 大泉支所の佐藤莉菜さんが優秀賞

読了までの目安時間:約 1分

 

JA共済連山形は推進スキルの共有と向上を目的として9月7日、「カウンターセールスコンテスト県大会」を開催した。県内6JAがエントリーし、JA鶴岡からは大泉支所共済係の佐藤莉菜さんが出場し優秀賞を受賞した。

大会はコロナ感染防止対策として、JA共済連山形と各JAの会場をオンラインで結び、電話によるロールプレイング形式で持ち時間17分を目安に行われた。

JA鶴岡は金融本店を会場とし、顧客役はJA共済連山形の職員が務めた。佐藤さんは自動車共済グレードアップのほか、新医療共済など総合的に保障を提案し、顧客ニーズに沿ったセールストークを展開した。

佐藤さんは「今回学んだことを業務に生かしていきたい」と話した。

電話によるロールプレイング形式で提案する佐藤さん㊨

 

topics

JA職員が出前授業/児童が「だだちゃ豆」を学ぶ

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡の職員は9月1日、鶴岡市立朝暘第四小学校の3年生約80人を対象に鶴岡特産のエダマメ「だだちゃ豆」をテーマに食育授業を実施した。

同JA生産振興課の今野大介園芸指導係長が講師を務め、だだちゃ豆の特徴や栽培方法、各家庭の食卓に届くまでの流れなどを説明。今野係長は「だだちゃ豆は1年前から種を準備し、種をまいてからは約3カ月半大事に育てる。新鮮な状態でおいしく食べてもらえるように、トラックでも冷蔵して運ぶなどさまざまな工夫をしている」と伝えた。

児童らは興味深そうにメモを取り、だだちゃ豆に毛が生えている理由や、育て方の違いで実の数が違うのか、など多くの質問が出された。

だだちゃ豆の栽培方法を伝える今野係長

 

topics

児童が「だだちゃ豆」収穫 南支部青年部

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡青年部南支部は8月31日、鶴岡市立斎小学校の3年生を対象に、管内特産のエダマメ「だだちゃ豆」の収穫体験をした。

市内の農事組合法人IWCの圃場(ほじょう)の一画で、児童は食育学習の一環として6月に種をまき、草取りを行うなどしながら生育を見守ってきた。

児童は、胸ほどの高さに成長した品種「おうら」の株を土から引き抜き、さやもぎ作業をした。収穫を体験した後は学校に戻り、取れたてを調理。シンプルにゆで豆にして、自分たちの手で育てた「だだちゃ豆」の味を堪能した。

作業を体験した児童は「だだちゃ豆の根がすごく張っているので、引っ張ってもなかなか抜けなかった。大変だったが、楽しい収穫体験だった」などと話した。

力を合わせて収穫

さやもぎ作業も頑張りました

取れたての「だだちゃ豆」を調理する斎小の児童

 

topics