庄内砂丘メロン食べ放題で夏の味覚を丸かじり

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡のネットメロンが旬を迎え、JA西郷選果場内に設営された直売所内では、食べ放題で堪能することができる。

 6日には米沢市などから団体客らが夏の味覚を求めて大勢来場。よく冷えた2等分にカットされたアンデスメロンが並べられると歓声が上がった。メロンを食べた女性は「メロンの食べ放題なんて普段できない贅沢な体験。あまくてとってもおいしい」と話した。

 アンデスメロンと同JAオリジナル品種の「鶴姫」、「鶴姫レッド」の3品種を用意し、時期によって提供する品種は異なる。

 直売所では箱入りや単品のネットメロンのほか、今年発売した「鶴姫レッド」を使った焼き菓子「鶴岡 鶴姫レッドメロンサンド」など加工品も購入することができる。購入した商品は全国に発送可能。

 営業時間は10時~16時。7月31日まで。1時間食べ放題で、料金は1500円、小学3年生以下は600円、未就学児は無料。1週間前までの予約が必要。問い合わせは同直売所特設会場、(電)0235-76-1071

アンデスメロンを味わう団体客

 

タグ : 

topics

旬の味覚「メロン」をどうぞ 7/6は庄内砂丘メロンの日

読了までの目安時間:約 2分

 

 山形県と鶴岡市、JA全農山形、JA鶴岡は「庄内砂丘メロンの日」の7月6日、鶴岡市の加茂水族館で、旬を迎えたメロンを振る舞うPRイベントを行った。

 メロンサミットに参加した全国のメロン産地の最盛期に「メロンの日」としてPR活動を行っており、2017年に同市で開いた第3回全国メロンサミットで、庄内地域では7月6日を「庄内砂丘メロンの日」と定めた。

 アンデスメロンと同JAオリジナル品種「鶴姫レッド」を1口大に切って1000食分用意。県外からの来館者も多くクラゲの展示で有名な加茂水族館の入り口で、 県や市、JA全農山形、JA職員が来館者に振る舞った。 アンデスメロンと「鶴姫レッド」の即売会や、メロンが実をつけている鉢植えも展示し、 庄内砂丘メロンをPRした。

 天童市から家族で来館した庄田菜々美さん(6)は「甘くておいしい」と笑顔で話し、旬の味覚を味わっていた。

 加茂水族館内のレストラン「魚匠ダイニング沖海月」では7月21日までの期間限定で、同JAが提供するアンデスメロンと「鶴姫レッド」を使用したパフェ(400円)を味わうことができる。

振る舞われた庄内砂丘メロンを味わう姉妹
アンデスメロンと「鶴姫レッド」を販売した
メロンが実をつけている鉢植えを展示した
JA鶴岡が提供するアンデスメロンと「鶴姫レッド」を使用したパフェ(400円)

 

タグ : 

topics

甘~い鶴岡産メロンはいかが? 特産のメロンが旬を迎える

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡で特産のネットメロンが旬を迎えている。

管内では3品種を栽培。「アンデス」はやわらかな果肉とこってりしたコクのある甘さが人気。同JAオリジナル品種の「鶴姫」は、肉質のしっかりした日持ちが良いメロンで贈答用にも人気。糖度が高くて爽やかな味わいが特徴だ。「鶴姫レッド」は日持ちが良く、見た目に鮮やかなオレンジ色の赤肉系メロン。なめらかな食感と濃厚な甘さが味わえる。

2019年度はJA鶴岡ネットメロン専門部の184人が127㌶で栽培。管内では庄内砂丘を利用したメロンの栽培が盛んで、 8月上旬まで全国各地へ合計55万㌜(1㌜5㌔)の出荷を見込み、販売高11億円を目指す。

7月6日は「庄内砂丘メロンの日」で、同市の加茂水族館で来場者にメロンを振る舞う予定だ。

同市のJA鶴岡西郷選果場内の直売所では、7月1日からメロンの食べ放題が始まった。7月末までの期間限定で1週間前までの予約が必要だ。

問い合わせは同直売所特設会場、(電)0235(76)1071

旬を迎えたJA鶴岡オリジナル品種のメロン「鶴姫」と「鶴姫レッド」

 

タグ : 

topics

アンデスメロン目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡ネットメロン専門部は6月20日、鶴岡市のJA西郷選果場でアンデスメロンの目ぞろえ会を開いた。

JAの指導員がサンプルを示して「秀品」や「優品」などの選別基準を説明。メロンの形状やネット張り、果皮色、日焼けなどの注意点を伝えた。生産者はメロンを手に取って確認した。

有利販売につなげるため、出荷時に次回の出荷数量を報告してもらいたいことや、午前中の涼しい時間帯で収穫すること、箱詰めの玉ぞろえに注意するよう呼び掛けた。

初出荷は6月4日で、前年よりも2日早かった。6月末頃から本格的な出荷が始まりアンデスメロンは33万㌜(1㌜5㌔)、同JAオリジナル品種「鶴姫メロン」、「鶴姫レッドメロン」と合わせて55万㌜を全国に向けて出荷予定だ。

サンプルで出荷基準を確認する参加者

 

タグ : 

topics

ネットメロン生産者大会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

西郷砂丘畑振興会とJA鶴岡ネットメロン専門部は6月14日、鶴岡市西郷地区農林活性化センターで、ネットメロン生産者大会を開いた。2019年度は出荷量55万㌜(1㌜5㌔)、販売高11億円を目指す。約150人が出席した。鶴岡産メロンを広く周知するため昨年に引き続き、東京都の東京メトロ池袋駅、上野駅で駅中広告(デジタルサイネージ)を7月1日から1か月間掲載する予定だ。

振興会の佐藤秀一会長は「販売高11億円達成に向けて、登録数量以上の出荷となるよう最後まで管理徹底をお願いしたい。情報を的確につなぎ産地一丸となって安心・安全の高品質メロンを出荷するので、市場関係者には有利販売を求めたい」と述べた。

JA鶴岡の担当者は委託販売登録数量やネットメロン取扱要領、出荷規格の変更点などを説明した。

 JA全農青果センター東日本事業部の鈴木晋課長補佐は「熊本、茨城県産が5月の高温の影響で1週間ほど前倒しで出荷されており、6月の販売量が少ない。有利販売に努めていくので販売高11億円突破に向けて頑張ってほしい」と述べた。 前年度までの2年間、振興会会長を務めた本間吉典さんに感謝状を贈った。

販売目標11億円に向けて取り組みを確認した生産者
西郷砂丘畑振興会前会長の本間さん㊨に感謝状が贈呈された

 

タグ : 

topics

ネットメロンを初出荷 販売高11億円を目指す

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は6月4日、鶴岡市のJA西郷選果場で特産品であるネットメロンの初出荷式を開いた。同JA西郷砂丘畑振興会役員やJA役職員、関係機関など約60人が出席。関東地区の市場を中心に全国各地へ合計55万㌜(一㌜5㌔)の出荷を見込み、販売高11億円を目指す。

初日はハウス栽培の「アンデスメロン」約450㌜がトラックで運び込まれ、糖度や品質を検査。安全祈願祭の後、JA代表者らがテープカットをして、東北・関東・関西や地元市場に向けてトラックが出発した。

佐藤茂一組合長は「生産者の高い栽培技術力と天候にも恵まれ、例年以上に消費者の皆さまに胸をはれる素晴らしいメロンが出来上がった。おいしいメロンを消費者に届けたいという生産者の熱い思いも込められている。今後もメロンの生産拡大に向けて全力を挙げて取り組んでいくので、関係機関からはこれまで以上のご指導とご支援をお願いしたい」と述べた。

同JAネットメロン専門部の斎藤司専門部長は「生産者が一生懸命育てた甘くておいしいメロンができたので、たくさん食べて笑顔になってほしい」と話した。

管内では庄内砂丘を利用したメロンの栽培が盛んで「アンデスメロン」、同JAオリジナル品種「鶴姫メロン」、「鶴姫レッドメロン」をJA専門部の184人が127㌶で栽培。春先から好天に恵まれて生育は順調で、6月下旬より本格的な出荷を迎え、8月上旬まで全国に出荷される。

今シーズンの初出荷を迎えたアンデスメロン
テープカットをする関係者

 

タグ : 

topics

アンデスメロン現地講習会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡ネットメロン専門部は4月25日、鶴岡市西郷地区の圃場(ほじょう)でアンデスメロンの現地講習会を開いた。 生産者ら約40人が参加した。

生産者の圃場を巡回しながら、メロンの着果に向けた適切な管理を徹底するため毎年開いている。

株式会社サカタのタネ掛川総合研究センター(静岡県)の勝又憲一主任研究員が今後の栽培管理のポイントや、病害虫防除などを指導した。

勝又主任研究員は「圃場全体で平均的な生育段階のものに管理を合わせると良い。畝を立てる時の圃場水分がその後の生育に影響を与える。つるの先端部分のひげの伸びが真っすぐだと水分が十分ある目安なので、確認してほしい」と助言した。

確実に着果させるために、結果枝のせん定では花芽のある実を多めに残してほしいことや、気温が高くなってくると特定の虫が大発生するおそれがあるため、早めの防除を呼び掛けた。

専門部では176人が80㌶で「アンデスメロン」を栽培している。

栽培管理のポイントを聞く生産者

 

タグ : 

topics

お土産にどうぞ!「鶴岡 鶴姫レッドメロンサンド」新発売

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡オリジナルブランドの赤肉メロン「鶴姫レッド」を使った焼き菓子「鶴岡 鶴姫レッドメロンサンド」が発売した。

 鶴岡市の㈱来ばえちゃ本舗が、山形県はメロンの生産量が全国4位と有数の名産地でありながら、それを加工した菓子や観光施設で販売する土産品がまだまだ少ない事から、もっと庄内メロンの魅力を知ってもらいたいと手軽に楽しめる焼き菓子を企画した。メロンは水分量が多く焼き菓子で風味を生かして加工する事が難しく、JA担当者や製造工場と共に1年にわたって開発し、2019年4月から販売を始めた。

 見た目が鮮やかなオレンジ色でなめらかな食感と濃厚な甘さが特徴の「鶴姫レッド」を、フリーズドライ加工して作ったメロンチョコクリームにフレークを加えて、サクサクの生地でサンド、メロン「鶴姫レッド」を感じる風味抜群で、飽きの来ない、食感にもこだわった新しいお菓子が完成した。
同社では、山形の新しいお土産として確立していきたいと意気込む。

 6個入り700円、12個入り1250円(税別)。JA鶴岡農産物直売所「もんとあ~る」の他、庄内空港売店や庄内エリアの各土産施設で販売している。

直売所「もんとあ~る白山店」では、販売ブースを設置しPR
JA鶴岡オリジナルブランドの赤肉メロン「鶴姫レッド」を使った焼き菓子
「鶴岡 鶴姫レッドメロンサンド」

 

タグ : 

topics

平成30年度 ネットメロン若手生産者講習会

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡西郷支所は2月28日、鶴岡市のJA西郷支所でネットメロン若手生産者講習会を開いた。関係者28人が参加。
県庄内総合支庁農業技術普及課の職員が「庄内砂丘メロン産地強化プロジェクト」によって本年度作成された栽培の手引きに沿って基礎的な栽培ポイントの説明や、効率的な防除に向けた各種展着剤加用による乾燥、付着量、病害虫の発生などの試験結果を報告した。
参加者からは、薬剤の残効期間や葉が露などでぬれた状態での散布も可能かなど質問が出された。
この講習会は若手生産者の基礎的知識の習得と所得向上に向け本年度で3回目。


メロン栽培ポイントを学ぶ若手生産者

 

タグ :

topics

平成30年度ネットメロン精算報告会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は9月7日、2018年度ネットメロン精算報告会を鶴岡市の湯野浜温泉「亀や」で開き、生産者、関係者など約150人が参加した。

西郷砂丘畑振興会の本間吉典会長は「18年度がおおむね順調に推移し、高単価となったのも生産者皆さまの肥培管理、指導員による的確な指導・情報提供、販売担当の交渉、市場の方々それぞれがベストを尽くした結果」とあいさつした。

生育経過や販売経過を報告。18年度ネットメロンは約53万8千ケースを出荷、選果の徹底によりクレーム件数も少なく新規販売先の開拓や既存企画の見直しなどにより販売単価は大きく伸びた。

市場関係者からは市場・販売店にとって産地の情報の正確さが年々重要となっていることや、売り場も多様化し玉売りだけでなくカット売りなどで売り場も広がっていることから生産量維持を要望された。

次年度は、各販売先への正確な産地情報の発信と高品質維持に加え、2Lサイズ以上の比率拡大や販売需要に合わせた作型誘導を図りさらなる販売額の増大を目指すことを確認した。

また、高品質なメロンを栽培した生産者と集落を対象に共励会表彰が行われ、個人の部は道地地区の野村正行さん。集落の部は下川中が受賞した。

 

あいさつする本間会長

 

共励会表彰個人の部で表彰された野村正行さん

 

 

タグ : 

topics