生活課 事務所移転のお知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

生活課 事務所移転のお知らせ

 

重要

稲作総合実績検討会

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡、鶴岡市で組織される良質米生産推進協議会は1月26日、令和4年度稲作総合実績検討会をJA農業振興センターで開いた。生産者や関係役職員ら約40人が出席。

耕種指導係が令和4年産米の作柄概況を報告した。6月上旬の低温によって分げつが抑制され、8月の少照・多雨によって登熟に不利な条件となり、主要品種の推定収量は平均で10㌃当たり568㌔。品質状況は全体的に良好で、全品種の平均1等米比率は99.4%。食味の指標となるタンパク値は全品種で過去4年の平均値と比べやや高い傾向となった。課題となった初期生育不足や登熟緩慢などの解決に向けた対応を確認した。

多収栽培への取り組みでは、平坦地660㌔、中山間部600㌔の反収を目指す「はえぬき多収マニュアル」の直近3年の実績を報告。健苗育成、施肥体系、本田管理、土づくりのポイントと、平米当たりの穂数、籾数などを示した収量構成要素について説明した。

県庄内総合支庁農業技術普及課の担当者は「つや姫」の作柄要因の解析と、衛星リモートセンシングを活用した生育診断技術「スマートつや姫」を紹介した。

佐藤茂一組合長は「昨年の作況指数は99となったが、平年以上の収量となった生産者もいる。その栽培管理情報を共有し今後の営農指導に役立てほしい」と述べた。

 

 

 

topics

金融セミナー 資産運用のポイントを学ぶ

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡信用課は1月26日、資産形成・運用の必要性を学んでもらおうと金融セミナーを鶴岡市のJA金融本店で開いた。組合員やJA職員ら約20人が参加した。

講師にアシスト社の代表でファイナンシャル・プランナーの山下和茂氏を迎え、資産運用の基本である「長期・分散・積立」投資のポイントを学んだ。

世界の年金基金の中でも最大規模の資産運用をし「世界一のクジラ」とも呼ばれているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用方針を紹介。GPIFは国内外の株式と債券に分散投資し大きな損失を避けた運用であるのに対し、欧米の年金基金は株式投資を中心とした積極型の運用が特徴だと説明し、山下氏は「運用方針は自分のリスクの許容度に合っているかどうかに尽きる」と話した。

税制優遇措置があるNISA制度(少額投資非課税制度)の仕組みが2024年から大幅に改正され、つみたてNISAと一般NISAの併用が可能となり、どちらも運用期間が無期限になるなど、これまでよりも投資の幅が広がることを伝えた。

長澤浩行金融部長は「老後2千万円問題に端を発し資産運用に興味を持つ方が増えたと思う。皆さんが安心して老後を迎えることができる一助になれば幸いだ」とあいさつした。JAでは資産運用の1つとして投信信託を取り扱いライフプランをサポートしている。

 

topics

西郷倉庫で蔵開き

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡は1月11日、西郷倉庫で蔵開きを行った。年初めの恒例行事で、関係機関やJA役職員の約30人が参列した。倉庫内に設けた神棚へ宮司が祝詞を読み上げ、佐藤茂一組合長が玉串を捧げて、五穀豊穣(ほうじょう)や作業安全を祈願した。

佐藤組合長は「昨年は作況99で豊作とはならなかったが、米の概算金はわずかに回復し米価は今後期待できると思う。今年は豊作となり組合員と農協にとって良き一年となることを祈念する」と述べた。

蔵開きは、毎年年始めに管内4つの倉庫を持ち回りで行っている。

 

topics

令和4年山形県鶴岡市の土砂崩れにより 被災された皆様への対応についてのお知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

令和4年山形県鶴岡市の土砂崩れにより被災された皆様への対応についてのお知らせ

 

重要