次年度への課題を共有 トルコギキョウ実績検討会

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡花き振興部会トルコギキョウ専門部は11月27日、鶴岡市のJA鶴岡振興センターでトルコギキョウ実績検討会を開いた。生産者や関係者23人が参加。

 2019年度の販売状況や生産、栽培管理などが報告され、次年度に向けた課題を共有した。

 JA販売担当は、秋切り出荷が例年より前倒し傾向で出荷された事や需要に合わせた出荷が単価の安定につながるとし、作型の見直しなど今後も生産者一丸となって取り組んでいく事が必要と呼び掛けた。

 市場からは、台風やイベントなどにより販売が安定しなかった事や仲卸の注文するバリエーションが広がっている事、2日前出荷による情報の速さが鶴岡産の有利販売につながっていると報告した。

 参加者から、初めて市場休があった事の影響や大輪傾向が強まるなどニーズの変化ついて質問が出された。 栽培に関する試験結果や調査内容も報告され、早期開花対策や土壌消毒の重要性などが説明された。

市場関係者から販売状況の報告を受ける参加者

 

topics

次年度に向け栽培ポイント学ぶ ネットメロン栽培講習会

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡ネットメロン専門部は11月27日、鶴岡市のJA西郷支所でネットメロン栽培講習会を開いた。生産者や関係者約80人が参加。

 管内で栽培されているアンデスメロンとJAオリジナル品種「鶴姫レッドメロン」の栽培ポイントが種苗会社より説明され、次年度に向けた栽培管理を学んだ。

 種苗会社からは、高品質果実を生産するためには、栽培後半まで草勢を維持することや天候の変化に応じた管理など、品種ごとの特性など栽培時期や圃場(ほじょう)環境に合わせて対策することなどが伝えられた。

 JAの担当者からは、次年度に向けた生産登録の提出と需要期に合わせた出荷に取り組むよう呼び掛けた。

次年度に向けネットメロン 栽培ポイントを学ぶ参加者

 

タグ : 

topics

楽しく元気に 女性部軽スポーツ大会

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡女性部は11月24日、部員の健康増進と交流を目的とした「軽スポーツ大会」を鶴岡市朝暘武道館で開き、部員・関係役職員ら126人が参加した。

  はじめに、鶴岡市レクリエーション協会インストラクターの鎌田博子さん指導による軽体操を全員で行い、身体をあたため競技にのぞんだ。

 競技は6支部が赤・青・白・黄組の4組に分かれ、女性部員が持ち寄った野菜を籠に入れ、指定された重さに合わせる「野菜はかり」をはじめ、ボールを使ったリレーの「メリケンボール」「お手玉投げ」「輪くぐり競争」「風船運び競争」の全5種目に挑戦。部員同士の連携がところどころに見られるプレーが繰り広げられた。

 参加者は笑顔で元気いっぱいに、スポーツでの交流を楽しんだ。

 熱戦を繰り広げた結果、青組が見事優勝。

 今年度の成績は次の通り。
 ・優勝   青組(上郷・西郷)
 ・準優勝  赤組(南・大山)
 ・第3位  黄組(大泉)
 ・第4位  白組(北)

連携プレーが光ったメリケンボール
野菜の重量を相談する女性部員

 

topics

北支所組合員交流会 講演と交流会でにぎわう

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡北支所は11月22日、組合員交流会を東京第一ホテル鶴岡で開いた。組合員・支所職員など約110人が参加。

 講演や組合員が栽培した農産物を使っての地産地消料理や会場を彩る花などが用意されたほか、じゃんけん大会や抽選会もあり参加者は大いににぎわい交流を深めていた。

 講演では、有限会社壽屋寿香蔵代表取締役横尾友栄さんは、漬物を製造販売している中で、以前に16年間アナウンサーとして務めていた経験を接客に生かしていることを紹介した。

 また、漬物の食文化を残していかなければならないと考え、商品を企画し取り組んでいる事や農産物が年によって収量も大きく違うことから販売方法も変えるなど農家の方々と連携し、お客さまに違いを理解してもらえるように取り組んでいきたいと伝えた。

これまでの経験を生かした接客などを紹介する横尾さん
地産地消料理などで大いに賑った交流会

 

topics

第21回「元気に暮らそう!いきいき教室」を開く/けさらん愛、愛サービス

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡助けあいの会「けさらん愛、愛サービス」は11月19日、組合員世帯の70歳以上を対象にしたミニデイサービス、第21回「元気に暮らそう!いきいき教室」を鶴岡市農村センターで開き、約130人が参加した。

けさらん愛、愛サービスの石塚公美会長が「皆さんが、ますます生き生きと毎日が過ごせるように思いを込めて企画した」とあいさつ。

アトラクションでは、田川保育園と大泉保育園の園児たちが歌や踊り、地元のグループが大黒舞や踊りを披露し、参加者を楽しませた。

介護予防体操では、同JAの職員が転倒予防の必要性について説明し、転倒予防に効果的な足・腹部・腰の筋力を強化する「JAてんとうムシ体操」を全員で実践した。

昼食には、同会協力員による手作り弁当が振る舞われ、カボチャとブロッコリーの鶏そぼろあんかけなど、彩りとバランスの良い料理を味わった。

岩手県在住でテレビやラジオで活躍する中川あい子さんが結成する「中川あい子社中」のメンバーが「中川あい子ショー」を公演。方言を交えたユーモアたっぷりな中川さんのトークと、「南部牛追い唄」など岩手県の民謡や踊り、三味線を披露し、会場からは大きな笑いと拍手が起こった。

園児たちによる歌や踊りに笑みがこぼれた。
JAてんとうムシ体操をする参加者。
「中川あい子社中」が披露したトークや踊り、三味線に大きな笑いと拍手が起こった。
昼食に振る舞われた同会協力員による手作り弁当。

 

topics

カルビーが「だだちゃ豆味」ポテチを発売

読了までの目安時間:約 1分

 

11月18日、製菓大手のカルビーが発売した18道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現した新商品の中で、JA鶴岡のエダマメ「だだちゃ豆」のパウダーを使用した「だだちゃ豆味」が発売された。袋を開けた瞬間に広がる香りや、だだちゃ豆の甘みが感じられる。

1袋55㌘入りで税込135円。12月下旬頃まで数量限定で、東北6県と新潟、長野両県のスーパーやコンビニエンスストア、全国の同社アンテナショップや、JA鶴岡直売所「もんとあ~る」3店舗などで、計14万袋程度を販売する予定。

山形の味第3弾で、インターネットで山形県ご当地の味のアイデアを募集したところ約7万7千件の応募があり、だだちゃ豆味が選ばれた。

鶴岡産だだちゃ豆を使った「ポテトチップス だだちゃ豆味」
JA鶴岡直売所「もんとあ~る」3店舗などで販売している

 

タグ :

topics

カーブミラー寄贈 交通安全と事故防止へ

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡、JA庄内たがわ、JA共済連山形の3団体は11月18日、鶴岡市へ21基のカーブミラーを寄贈した。

 地域貢献活動の一環として交通安全、交通事故防止に役立ててもらおうと昭和48年から寄贈し延べ1431基となった。

 市役所で贈呈式が行われ、JA鶴岡伊藤淳専務とJA庄内たがわ佐藤勝仁常勤監事が目録とレプリカを市長へ手渡した。

 皆川治市長は「各自治会より新規設置や更新などの要望を多数いただいている。有効活用し安全安心なまちづくりに向け今後も連携して取り組んでいきたい」と述べた。

 また、共済連山形より6月に発生した山形県沖地震での支払い状況についても説明し、迅速に対応した事を報告した。

皆川治市長(中央)へカーブミラーを手渡した伊藤専務(右)と庄内たがわ佐藤常勤監事(左)

 

topics

感謝と供養 畜産部会獣魂祭 

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡畜産部会は11月18日、鶴岡市の金峰神社で獣魂祭を執り行った。生産者や来賓、関係役職員など17人が出席した。

 伊藤長市畜産部会長など参加者は玉串(たまくし)をささげ、家畜の供養を行ったほか、今後の作業の安全と畜産業の発展を祈願した。

  獣魂祭は、命をいただいていることに感謝し、畜産業に貢献し屠畜(とちく)した家畜の魂を鎮めようと毎年行っている。

家畜の供養と繁栄を祈願する参加者

 

topics

アルストロメリア出荷規格確認

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡花き振興部会アルストロメリア専門部は11月13日、鶴岡市のJA北部集荷場でアルストロメリアの目揃会を開いた。生産者や関係者22人が参加。

 同専門部の阿部秀和専門部長が出荷規格を説明。出荷前の切り前の状態を変える事や品種により咲くスピードが変わるため、気温や品種に注意して出荷調整するよう呼び掛けた。

 JA販売担当からは、12月になると需要が増え、特に年末の需要に合わせて、早めの出荷をお願いしたい事や気温が低くなり出荷が少なくなってくる時期だが少量でも継続して出荷してもらいたい事を要望した。

サンプルで出荷規格を確認する参加者

 

タグ :

topics

げんき部会 「わんぱく農業」でわら草履作りを教える

読了までの目安時間:約 2分

 

 山形大学農学部は11月9日、児童が農業の大切さを学ぶ「わんぱく農業クラブ」を鶴岡市の山形大学農学部附属やまがたフィールド科学センターで開いた。児童、保護者など約40人が参加。

 JA鶴岡げんき部会員がわら草履作りで指導者として協力。同クラブをサポートする大学生にも事前に作り方のコツを教え、大学生と一緒に草履作りを指導した。

 げんき部会員は「昔からのわら草履作りをする人はいなくなったが、頑張って教えたい」とあいさつ。

 児童と保護者が、げんき部会員の指導を受けながらわら草履作りを体験した。

 わら草履は、足の指にひもを掛けながらそのひもに、わらを編んでいくが、作り始めや鼻緒をつけるのが難しく指導者から手助けしてもらいながら完成させた。参加者は、 時間いっぱいまで 両足分の草履を完成させようと挑戦していた。

児童や保護者にわら草履作りを伝えるげんき部会員 (右)

 

topics