昔ながらのおこし作りに挑戦

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部上郷支部は11月26日、鶴岡市上郷コミュニティセンターで第5回「かがやき講座」を開き、部員22人が参加した。

本年度最後の講座となり、女性部上郷支部の佐藤敏子支部長を講師におこし作りに挑戦。佐藤支部長は「鍋に材料を入れたら焦がさないように手早くかき混ぜるのがポイント」と説明。

参加者は、鍋にサラダ油と水あめを入れ、火にかけ焦がさないようにかき混ぜ、ポン菓子を入れて手早くかき混ぜていた。毎年大好評の企画でリピーターが多く、白みつ・きな粉・コーヒー味の3種類のおこしを作った。

参加者は「皆と一緒だから楽しく作れる。昔ながらの懐かしい味を家族にも食べさせたい」と話した。

例年、女性部以外の組合員家庭の女性にも参加を呼び掛けていたが、今年は新型コロナウイルスの感染防止の観点から女性部員だけで楽しんだ。

固まらないよう手早くかき混ぜる参加者

バットに入れ、押し固めれば完成!

 

topics

きらめきカレッジでアロマリラクゼーションヨガ体験

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は11月26日、鶴岡市農村センターで女性大学「きらめきカレッジ」第2回を開き、受講生9人が参加した。

健康運動実践指導者で、シナプソロジーインストラクターの前田恵さんが「心と身体と向き合う時間~シナプソロジーとアロマリラクゼーションヨガ~」をテーマに指導した。

シナプソロジーは、二つのことを同時に行ったり、左右で違う動きをしたりするなど、普段慣れない動きで認知機能の改善を図る脳の活性化プログラム。参加者は、声を出して笑いながら楽しく体を動かして認知機能を高めた。

アロマの効果で心の緊張が取れて、効果的にヨガのポーズを味わうことができるアロマリラクゼーションヨガでは、ラベンダーとベルガモット、殺菌作用のあるティートゥリーをブレンドした香りに包まれながらヨガを体験。呼吸に合わせて背中を丸めたり伸ばしたりする猫のポーズなどで全身を気持ちよくほぐした。前田さんは「ヨガを日常に取り入れて心と身体の健康づくりをしてほしい」と話した。

「JAの時間」では、職員が「鶴岡の花」をテーマに、JA花き振興部会の取り組みや、花の栽培から出荷までの流れなどを紹介した。

前田さん㊨の指導でヨガのポーズをとる受講生

 

topics

「SEADS」研修生へ産直事業を講演

読了までの目安時間:約 3分

 

JA鶴岡の営農販売部産直課は11月25日、鶴岡市のJA大泉支所大会議室で鶴岡市立農業経営者育成学校(愛称「SEADS」=シーズ)の研修生10人へ産直事業について講演を行った。JAの長谷川啓産直課長が講師を務めた。

最初にJA直売施設「もんとあ~る」の立ち上げの経過について「かつては今いるこの場所に全国一号店となるJAグリーンがあった。当時は肥料農薬の取り扱い規模は管内一だったが、周りに大型の競合店が出始め、お客さまを呼び込むためにどうすればいいか検討した。そこで、同店の一部へ産直コーナーを作り人気が出てきたこともあって、平成15年6月に産直事業を立ち上げた」と説明した。また、産直品の魅力をちらしではなく口コミで広めるために、施設名称を公募し庄内弁で「山ほどある」という意味から「もんとあ~る」を採用したことも伝えた。

来客を増やす取り組みとして、管内産直品のほかに果樹など取り扱いが少ない商品を他JAとの産地間連携で品ぞろえを充実させていることや、見慣れないこだわり商品を取り扱うことで店内のマンネリ化防止とスーパーとの違いを演出していることを紹介した。今年はコロナの影響でできなかったが、例年は特産エダマメ「だだちゃ豆」の試食コーナーを生産者ごとに設けて消費者がお気に入りの生産者の商品を購入できる取り組みを紹介した。人気生産者の「だだちゃ豆」は開店と同時に完売する盛況ぶりも伝えた。

研修生からは「取り扱いが少ない時期はいつか」、「無農薬の取り扱いはあるのか」などの質問があがり、長谷川課長が詳しく答えた。

「もんとあ~る」は鶴岡市に白山店、駅前店、のぞみ店の3店舗がある。昨年度は50万人近くまで客足が伸び、販売高は約8億円。売上上位は花卉がトップで、次に特産の「だだちゃ豆」、「砂丘メロン」の順になる。

産直事業について講演する長谷川課長

質問するSEADS研修生

 

topics

げんき部会がそば打ち体験

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡げんき部会は11月25日、鶴岡市西郷農林活性化センターで会員14人が参加してそば打ち体験をした。会員が7月にそばの種をまき、収穫してひいたそば粉を使用した。

前田哲男会長は「新型コロナウイルスの影響で会食はできず残念だが、会員が育てたそばでそば打ちを楽しもう」とあいさつ。

参加者はJA鶴岡ショートステイ愛あい館の難波隆博所長の手ほどきでそばを打った。そば粉に適量の水を混ぜた後、手際よくこねた。麺棒を使って生地を均等に広げ、包丁でそばの細さに切って完成させた。

参加者の五十嵐寿美子さん(81)は「毎年楽しみにしているので開催できてよかった。みんなでおしゃべりしながらそば打ちをして楽しかった」と話した。

同部会は設立17年目で会員は23人。生涯現役を目指し、生きがいや健康づくり、農村文化伝承を通して地域と交流を続けている。

そばの生地を麺棒で広げる会員

そばを切る会員

 

topics

次年度に向けてネットメロン栽培ポイント学ぶ

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡ネットメロン専門部は11月24、25の両日、鶴岡市のJA西郷支所でネットメロンの栽培講習会を開いた。生産者や関係者約60人が参加した。

株式会社サカタのタネと横浜植木株式会社の担当者が講師を務め、管内で栽培するアンデスメロンとJAオリジナル品種「鶴姫レッドメロン」の今年度の生育状況を振り返り、次年度に向けて栽培管理のポイントを学んだ。

種苗会社の担当者は、アンデスメロンの栽培では高品質な果実を生産するため、栽培後半まで草勢を維持できるようなつる作りが大事だと説明。排水対策や施肥設計、温度管理や整枝のポイントを紹介した。今年見られたメロンの障害の原因や対策についても説明し、天候の変化に応じた管理が必要で、品種ごとの特性や栽培時期、圃場(ほじょう)環境に合わせて対策することを伝えた。

JAの園芸指導係は、作型の違いによる被覆資材の選択や、需要が高い作型の作付け拡大を呼び掛けた。

次年度に向けてネットメロンの栽培ポイントを学ぶ生産者

 

topics

家畜へ感謝 畜産部会獣魂祭

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡畜産部会は11月19日、鶴岡市の金峯神社で獣魂祭を執り行った。生産者のほか来賓として県農業技術普及課、鶴岡市農政課、山形県農業共済組合、JA全農山形県本部、家畜商の関係者らとJA役職員の19人が参列した。

神事では同部会の伊藤長市会長とJAの佐藤茂一組合長をはじめ来賓者が玉串をささげ、家畜の供養を行ったほか、今後の作業の安全、畜産業の発展とコロナウィルスの疫病退散祈願も行われた。

獣魂祭は、食用に供された家畜へ感謝の念をささげ毎年この時期に行っている。

獣魂祭に参列する関係者(伊藤会長㊨から2番目、佐藤組合長㊨から3番目)

 

topics

令和3年度 職員採用募集終了のお知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

令和3年度の職員採用募集は終了しました。

 

重要

東京の児童に稲作授業 米産地の思い知って

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡青年部は11月13日、東京都江戸川区立第五葛西小学校の5年生を対象にした食農授業を鶴岡市のJA本所とオンラインで結んで行った。

例年は、6月に同市と友好都市の江戸川区の小学校約15校に出向いて、稲作の特別授業を行っていたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンライン授業として企画。市の東京事務所の協力で実現した。

青年部員と児童は、JA本所のパソコンと小学校の電子黒板の画面やテレビ電話を通じて授業を行った。児童は、総合学習や社会科の授業で学んだ米について発表した後、青年部員から農家になったきっかけや米作りでの苦労話、おいしいご飯の炊き方などについて質問しながら話を聞いた。

青年部の佐藤大樹委員長は「オンライン授業という形にはなったが、東京の児童に産地の思いを伝えることができた。今回の経験を基に今後の事業につなげていきたい」と話した。

リモートで米作りについて話を聞く児童

児童からの質問に答える青年部員

 

topics

だだちゃ豆精算報告会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡だだちゃ豆専門部は11月11日、鶴岡市のJA農業振興センターで「だだちゃ豆」の2020年精算報告会と全体研修会を開いた。生産者、関係者ら約80人が出席した。

日照不足と7月末の豪雨の影響で、出荷数量は前年比25%減の679㌧、販売高は同21%減の7億8000万円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されていたが、継続して取り組んできた取引先との値決め販売や、全国的な数量不足により平均単価は昨年を上回る結果となった。

加賀山雄専門部長は「今年は天候に苦慮したが、その中でも対応策はあると思うので検討していきたい。販売単価は非常に良く、今後もだだちゃ豆は販路など伸びしろがあると思うので、来年も一丸となって頑張っていこう」とあいさつした。

佐藤茂一組合長は「市場関係者からはだだちゃ豆の生産拡大を要望されているので、所得増大のためにも生産拡大をお願いしたい」と呼び掛けた。

JA担当者は、市場関係者からは産地情報をもとに販売計画を立てているので密な販売情報と正確な圃場(ほじょう)の状況を伝えてほしいという要望があることを伝えた。

21年度は、8月上旬からの需要期に対応する生産拡大と作付け割合の順守や、

平準出荷の徹底、企画販売の拡大などによる安定的な販売に取り組み、生産面では大雨対策や土壌分析、食味分析による栽培管理の見直しなどに取り組むことを確認した。

研修会では、今年のだだちゃ豆の食味分析結果を確認し、効率的な防除方法や展着剤の上手な使い方について学んだ。

あいさつをする加賀山専門部長

協議事項の報告を受ける生産者

 

topics

ストック目揃い会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡のストック専門部は11月9日、鶴岡市のJA北部集出荷場でストック目揃い会を開いた。生産者と関係職員の約30人が参加して出荷規格や出荷調整などを確認した。

同専門部では部員37人がストックやスプレーストックを栽培し合せて約70万本の出荷を予定している。販売額は約5600万円を見込む。

池田賢成専門部長はサンプルを見せながら等・階級ごとの出荷規格基準や箱詰めの注意点などを説明した。また、今後の管理について「今年は生育が遅れているので、ハウス内の適温を確保するためハウスの開け閉めをお願いする」と呼び掛けた。今年は9月の猛烈な残暑が花芽分化に影響し生育が遅れている。

10月下旬に出荷がスタートし、11月下旬から12月上旬をピークに翌年2月頃まで続く見通しで、主に関東市場へ出荷される。

等・階級ごとの出荷規格基準を説明する池田賢成専門部長㊨

 

topics